平飼卵・卵



広々とした飼育スペースを走り回り、ストレスなく健康に育った鶏が生んだ卵は、臭みやクセがなく、フレッシュでおいしいと好評です。
何を食べて、どこで育ったか。卵づくりに情熱をかける養鶏農家と大地を守る会が自信をもってお届けする卵です。なかでも国産穀物飼料100%にこだわるTHAT'S国産平飼卵についてご紹介します。

平飼卵の魅力をご紹介

自然に近い居心地の良い鶏舎で放し飼い

穀物飼料の他になんと大地宅配でもおなじみのメーカーのパンや野菜などを加えたオリジナル飼料。栄養バランスを考え、野草を加えることも

「鶏も人と同じで食べ物が大事なんだよ」と、本田さんは100%国産の穀物を使ったオリジナルの配合飼料を与えています。しかも原料となる米、大豆、小麦など穀物の大半は、本田さん自ら栽培するこだわりよう。「遺伝子組み換えの作物は使いたくないし、自分で作った作物で鶏が育って、卵を産んでくれる。その卵を食べる人が喜んでくれる。これがたまらなくうれしいんだよ」と手間を惜しみません。 飼育環境から飼料まで気を遣いながら育てた健康な鶏は、病気にかかることも少なく、抗生物質などの薬剤も使いません。「鶏を自然のままに育ててあげれば、やさしい卵になって人に返ってくるよ」という言葉の通り、健康な鶏から産まれた卵は健やかそのもの。「俺はいつも卵焼きを食べているけど、全然飽きないね ! 本当にうまいよ」(本田さん)、「この人の大好物で、本当に毎日食べるんですよ」(おつれあいの輝美さん)とご夫婦でうれしそうに話します。本田さんの自慢の卵、ぜひお試しください。

自分で作った作物で鶏を育てる安心と喜び

大地を守る会の生産者はヒナから育てているので、飼育履歴も明らか。ふ化したての頃はつきっきりで面倒をみています

私たちの毎日の食卓に欠かせない卵。日本では「物価の優等生」といわれていますが、価格の安さを追い求めるあまり、窓のない鶏舎や窮屈なケージの中で「密飼い」にするなど、効率優先の育て方が主流になってしまっています。 大地を守る会では鶏の健康を第一に考え、すべての卵の生産者が鶏舎内で放し飼いにする「平飼い」で飼育しています。生産者の一人、本田孝夫さんも先代の後を継ぎ、平飼い一筋。「やっぱり人も鶏も自然なままが一番だよね」と語るように、鶏舎は、やさしい日射しが差し込み、心地よい風が吹き抜ける開放的な造り。全5棟に3000羽の鶏が暮らし、1坪当たり10羽と余裕のあるスペースの中で、のびのびと元気に動き回っています。

  • 飼料に配合する米や小麦は、本田さん自らが栽培。午前中は鶏の世話、午後は田んぼに、畑にと大忙しです

  • 本田さんが育てるのは「ネラ」という卵用種の黒鶏。「卵の質が良いし、この赤みがかった色も好きなんだよね」と本田さん

輸入穀物に頼らず、国産穀物飼料100%。大地宅配ならではの取り組みです

「THAT'S国産平飼卵」は輸入穀物に頼らず、米や大豆、小麦など穀物は100%国産でまかなっています。海外産とうもろこし中心の飼料で育った一般的な鶏とは違い、米中心の飼料で育つため、黄身の色も一般的な卵よりも淡いレモン色。くさみがなく、あっさりとしながらもやさしいこくのあるクリーミーな味わいです。まずはシンプルに卵かけごはんや卵焼きで味わってみてください。

THAT’S国産平飼卵



注意事項

※各商品のページに表示されている「原材料」は、原産国表記がないものはすべて国産です。原産国は予告なく変更される場合があります。
※ページに掲載している画像は、盛付・調理イメージ、使用例の場合があります。
※商品のパッケージは予告なく変更になる場合があります。
※消費期間、賞味期間に掲載されているお届け後の保証日数については、お届け当日を含みます。また、商品欄に表示のない場合は、一律で90日保証です。
※精肉のスライス厚・直径は目安です。
※未成年者の飲酒は法律で禁じられております。20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売しません。
※雑貨のサイズはすべて約寸です。

※「一括表示ラベル画像」の原産地・原料原産地は、予告なしに変更する場合があります。
※数量に残商品数が表示されていても、ご注文が確定されるまでは、商品のご購入が確約できているわけではありません。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ