西の産地に限定した平飼卵です

  • 西の産地限定平飼卵(10コ)
  • 西の産地限定平飼卵(10コ)

西の産地限定平飼卵(10コ)

冷蔵

670(税抜)

10コ

定期価格:598円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

自然の風が通る鶏舎で平飼いし、のびのびと育った鶏の卵です。くさみがなく、あっさりとしているのにしっかりとしたこくのある平飼卵。ぜひ一度、生または半熟で食べてみてください。その純粋な味わいにきっと驚くはず。ゆで卵なら、水からゆでて沸騰したら火を止め、5〜7分そのままおいておくと、とろとろの半熟卵に。

次回取扱予定: 10月1日お届け週
原材料:

鶏卵

賞味期限: お届け後6日保証
アレルゲン情報:
  • ※平飼卵の生産者のなかから、産地を限定して(佐賀・山口・長野)お届けします。
有機・無・減、ほか各種マークについて

なるほど台所帖

日々の食事で定番の卵。今回は“殻”に関する2大質問にお答えします!

「ゆで卵」の殻ってむきにくい。どうして?

ゆで卵の殻をむくときに、殻だけがとれて薄い皮(卵殻膜)が卵白につくことがありますよね。実はこれ、卵が新鮮な証拠。「くっつく原因」は卵白に含まれている二酸化炭素にあり、新鮮な卵ほど二酸化炭素が多いのです。加熱により二酸化炭素が膨張すると卵白が殻に押し付けられ、殻のむきにくい卵に……。というわけで、新鮮な卵ほど殻がむきにくく、日をおいてから十分に加熱された卵ほど、殻がむけやすくなります。

大地を守る会の卵の殻はキレイ??

鶏が卵を産む鶏舎。羽が浮かんでいたり、土ぼこりが舞う中で産卵しているのでは……、と清潔さに疑問を持つ方もいると思います。が、そこは大丈夫! 大地を守る会の卵は、卵専門の洗浄業者に依頼し、きれいに洗ってパック詰めしてからお届けしています。

レモンイエローの黄身のヒミツ

淡い黄色の正体は、鶏が米やパンなど「白い」食材が混ざった餌を食べているから。餌が輸入コーンなどだと、濃い黄色の黄身になります。黄身の色の正体は、鶏が食べている餌が影響しているんですね。

西の産地限定平飼卵(10コ) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • スーパーの卵とは色が全然違います。
    それなりに日持ちするので助かっています。

  • とても美味しい卵です。大きいのや小さいのが混ざっているところも、気に入っています。なぜなら工業製品ではありませんから、総量がほぼ合えば良いと思います。白っぽい卵の色も自然で良いです。長野県の生産者さんのは、かなり黄色い卵で、餌を工夫されているのだと思いますが、私は自然の色の卵が好きです。

  • 最近、西の産地限定に変えました。味はいつもながら美味しく自然な黄色です。ただ、気になるのは大小大きさが入っていること。きっと総重量で計っているのでしょうけど、見た目から明らかに小さいのはどうなのかな、、とは思う。配送も以前は卵だけ別に手渡しで貰っていたのが、近年は冷蔵品と一緒の一番下に袋に入って渡されるのが、いつも心配です。そこだけどうにかならないのでしょうか?

  • 高いけど、美味しかったです。黄身が白っぽい気がします。ひとつだけですが、殻にヒビが入っていたのが残念でした。 また注文します。

  • しっかりした卵で、小さな子が多少乱暴に割っても失敗せず、得意そうにお手伝いしていました。
    味がしっかりしていて、薄い味つけにしても、とてもおいしい卵焼きができました。

  • 先日卵を切らし、スーパーで買い求めたところ、子供が卵の殻が薄いよ〜?と…。
    たしかに卵の殻も中身の味も薄く、大地さんで扱っている卵の美味しさを再確認しました。

  • 卵白を入れると味が薄くなるので、いつもは卵黄のみの卵かけご飯を食べるのですが、この卵で作った卵かけご飯は、卵白入れても美味しくいただけました!
    ごちそうさまでした!

  • 色々な産地の平飼い卵をローテションしながら食べています。こちらの安心安全な卵はいつも美味しく頂いています。しっかりと梱包されているので、割れている事は全くないので嬉しいですが、もう少し簡単な梱包でも良いかなと?資源としてリサイクルしていますが、、、

  • 高いですが卵アレルギーの次男の為に安全な卵を探してました。
    ストレスのかかってないない鶏の卵はなかなか手に入らないので助かります。
    他の子供たちは卵かけご飯にして喜んで食べています。

  • 値段は高いですが飼料にこだわっているので安心して食べられます。

  • 6個パックがあったらいいなあ

  • 玉子かけご飯が最高です。大地さんで買った減塩醤油との相性がばっちりで、「うわあ、栄養とったなあ」というような気分になるのが嬉しいです。また、生卵に、減塩醤油&アボガド&オリーブオイルをかけると、子育てでくったくたになった体が蘇ります。美味しいのです、ほんとに。昔、アメリカに住んでいた際、ローカルでとれたOrganic Cage Freeの卵をよく買っていました。Cage Free=平飼卵という感じの意味なのですが、日本に帰国した際、どのスーパーに行っても平飼卵がなく、うちひしがれていたところ、大地さんと契約したら、当然のように取り扱われていて、やはり大地さんは違うと感嘆したものです。余談になりました。失礼しました。

  • 震災後からこちらを注文し始めました。
    大地で取り扱いのある卵のなかで、一番味が濃いように思い、今も毎週注文しています。
    生クリームも入れてないのに、最高のスクランブルエッグが出来上がります。
    黄身を割らないように、白身の部分だけを菜箸で切るように混ぜ、
    引っ掛かりがなくなったら、黄身も混ぜ合わせ(まだらな状態でOK)、
    控えめに塩、さらに控えめに白コショウをいれます。
    熱々に熱したフライパンになたね油をひき、卵を投入。
    木ヘラで大きくクルクルっと混ぜ、
    まだドロドロしてる状態で火を止めます。
    (お皿に盛って、食べるまでに余熱が入ることを考慮して)
    フワッフワで濃厚なのスクランブルエッグの出来上がり。
    是非お試しあれ♪

  • 震災後、汚染が心配でたまごを子どもには食べさせていなかったのですが、この西の産地のたまごなら安心してあげられています。しかも生で食べても美味しいらしく、今までやらなかった「たまごかけご飯」でも食べています。