木綿豆腐に負けないこくのある仕上がり

  • 神泉絹豆腐
  • 神泉絹豆腐_2
  • 神泉絹豆腐_3
  • 神泉絹豆腐
  • 神泉絹豆腐_2
  • 神泉絹豆腐_3

神泉絹豆腐

5ポイント

冷蔵

299(税抜)

300g

定期価格:267円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

「温豆乳一発寄せ」と呼ばれる手法で仕上げました。「神泉豆腐」同様に、こちらも美味。

生産者情報など: ヤマキ(埼玉県神川町)
次回取扱予定: 10月1日お届け週
原材料:

大豆、粗製海水塩化マグネシウム[にがり]

消費期限: お届け後4日保証
アレルゲン情報: 大豆
有機・無・減、ほか各種マークについて

「温豆乳一発寄せ」で作る濃厚な絹どうふ

  • 生産者の豆庵。味噌やしょうゆでおなじみヤマキ醸造のとうふ工房です。

  • ふっくら泡立つ、しぼりたての豆乳。豆庵では消泡剤を使わず、特殊な装置で真空状態を作ることなどによって泡を消していきます。

◆素性のわかる上質な素材を厳選
 とうふの味の決め手は大豆・水・にがり。大豆は国産の契約栽培大豆を使用しています。また、水は秩父山系の湧水「神泉水」。弱アルカリ系の天然ミネラルウォーターを源流で採取し、大豆を洗ったり、煮たり、とうふをパック詰めしたり、製造工程のあらゆる箇所で使用しています。さらに、にがりは貴重な大島産の天然にがりを使用。保水力が強く水にまで作用する凝固剤(グルコン酸ナトリウムや硫酸カルシウムなど)に比べ、同じ量の大豆からできるとうふの数は約半分ですが、その分、味や栄養分は濃厚です。もちろん、グリセリン脂肪酸エステルや炭酸カルシウムといった消泡剤(※)は使用していません。

◆「温豆乳一発寄せ」で作る神泉絹豆腐
 一般的に、絹どうふを作るときは、豆乳を一度冷ましてからにがりを混ぜ、再び加熱して固めます。こうすると固まりが安定し、歩留まりのよい製品が作れるためです。しかし、木綿どうふに比べると、こくがやや薄まりがち。そこで、豆庵が編み出したのが、温かいままの豆乳に、にがりを加える方法。にがりを入れる温度やタイミングを少しでも間違えれば、一瞬にして何百丁分もの豆乳が無駄に……そんな試行錯誤を乗り越えて完成したのが神泉絹豆腐です。豆乳の熱変化を最小限に抑えることで豆のうまみを最大限に引き出し、クリーミーに仕上げています。

◆召し上がり方
 冷ややっこにはしょうゆが定番。もう一つのおすすめが、塩です。ミネラル分が豊富な自然塩だと、なおよし。塩気と滋味が大豆の深々と引き立てます。
※とうふを作る過程で大量に出る泡を消すための物質。

利用者の声

「神泉絹豆腐」がおいしかったです! そのまま冷奴で豆の味を楽しむのはもちろん、鍋に入れてとろーりとしたところもまたおいしい! 私がちょっと目を離したすきに、1歳6ヶ月の次男は鍋用に準備していた神泉豆腐をあっという間に半丁分ほど食べてしまいました! あーびっくりした!(S.T)



「豆腐といえば大豆」というイメージがありますが、約90%は水分ということをご存知ですか? 大地を守る会の豆腐人気No.1の「神泉(かみいずみ)豆腐」。そのおいしさの秘密も、実は水にあります。圧倒的人気を誇るこの味わいをぜひ一度お試しください。

おいしいひみつ 1:「水」

弱アルカリ系の天然水を源流で採取し、大豆を洗ったり、煮たり、「神泉豆腐」のあらゆる製造工程で使用しています。

豆腐のおいしさの決め手は“水”、そして“大豆”
豆腐の約85~90%は水、豆腐のおいしさは水で決まるとも言われます。

秩父山系の湧水「神泉水」は源流で採取した天然のミネラルウォーター。大豆を洗ったり、煮たり、豆腐をパック詰めしたり、あらゆる製造工程で新泉水が使用されています。

そして、契約農家が丁寧に育てた国産大豆を使用。豆の味が違います。

おいしいひみつ 2:「消泡剤不使用」

搾りたての豆乳には、大量の泡が。ヤマキでは消泡剤は使わずに、特殊な装置で泡を消しているので、大豆の風味を損なわず、口当たりもなめらかに。

毎日食べるものだから余計なものは入れません
豆腐作りの工程で、たくさんの泡が出ます。実は、泡があると舌ざわりがなめらかな豆腐になりません。

市販品の多くは、この泡を消すために消泡剤(グリセリン脂肪酸エステルや炭酸カルシウム)を使用します。

神泉豆腐は効率よりも味の良さを追求し、豆乳を加熱する際の温度調整や時間を工夫し、泡を消しています。

おいしいひみつ 3:「職人の技 "温豆乳一発寄せ"」

木綿豆腐は寄せた後に一度崩し、重石をのせて圧力をかけ再度固めています。

経験豊かな職人でないとできない技
一般的には豆乳を一度冷まし、にがりを混ぜてから再加熱して固めますが、神泉豆腐は高温のままのにがりを入れます。

しかもそのにがりは貴重な天然ものを使用。豆乳の熱変化が最小限に抑えられているため、豆のうまみが逃げません!

これは「温豆乳一発寄せ」と呼ばれ、経験豊かな職人でないとできない技なのです。この豆腐を一回くずし、もう一度押し固めたものが神泉豆腐です。

神泉絹豆腐 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 大豆の味がしっかりと感じられ、甘みがありとても美味しいお豆腐です。いろいろなお豆腐を食べましたが、これが一番好きです。

  • すごく濃厚で美味しいお豆腐です!!毎回購入します!美味!!!うまい!!

  • 調味料はいらないです。そのままで十分美味しい。子供も他のお豆腐との違いがわかるくらいです。

  • スーパーのおとうふとは違って甘みがあります。湯豆腐にすると特においしいです。家族全員大好きなので、毎週頼んでいます。

  • やわらかくてなめらかなのにしっかりとした豆腐ですね。
    大豆の味が濃くて美味しいです。

  • ずっと2丁づつ頼んでいます。
    スーパーで売っているお豆腐は柔らかければ水っぽく濃ければかたいので、柔らかいのに大豆の味のする神泉豆腐って素晴らしい。

  • 毎週お届け登録しています。
    消泡材不使用で国産大豆の豆腐はスーパーにもありますが、味が全然違います。
    ほんのり甘くて、家族みな大好きです。ゆどうふにするとすぐうれてしまうので、2丁頼んでおけば、と後悔するくらいです、

  • やわらかな絹豆腐なのでフルフルとして滑らかなのでのど越しも良く、お味も濃いので、家ではそのまま冷奴にして、1品のおかずとして食べています。
    お豆腐ほど水と大豆の味がわかる食品はないですね。 おいしかった。 

  • 味が濃いと思いました。お味噌汁に入れると差がよく分かります。食感もよく、「これ、お豆腐やさんで買った?」と家族に聞かれました

  • 大好きです。こんなにしっかり大豆の味がする絹豆腐は初めてで、感動しました。パックに詰まっている水も美味しいので、捨てずに味噌汁などに入れています。

  • おいしい。あまみがって。これを食べたあとに違う豆腐を出すと
    子供が残す・・。