よく運動して育った健やかな鶏の卵です

  • 平飼卵 6コ
  • 平飼卵 6コ

平飼卵 6コ

冷蔵

370(税抜)

6コ

定期価格:330円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

平飼いでのびのびと育った、健やかな鶏の卵です。くさみがなく、あっさりとしているのにしっかりとしたこくのある平飼卵。ぜひ一度、生または半熟で食べてみてください。その純粋な味わいにきっと驚くはず。ゆで卵なら、水からゆでて沸騰したら火を止め、5〜7分そのままおいておくと、とろとろの半熟卵に。少人数のご家庭にぴったりのサイズです。

次回取扱予定: 7月2日お届け週
原材料:

鶏卵

賞味期限: お届け後6日保証
アレルゲン情報:
  • ※卵の総重量は330g以上です。※生産者は「大地を守る会の生産者」(秋田・新潟・宮城・茨城・山梨・埼玉・千葉・長野・山口・佐賀)です。
有機・無・減、ほか各種マークについて

なるほど台所帖

日々の食事で定番の卵。今回は“殻”に関する2大質問にお答えします!

「ゆで卵」の殻ってむきにくい。どうして?

ゆで卵の殻をむくときに、殻だけがとれて薄い皮(卵殻膜)が卵白につくことがありますよね。実はこれ、卵が新鮮な証拠。「くっつく原因」は卵白に含まれている二酸化炭素にあり、新鮮な卵ほど二酸化炭素が多いのです。加熱により二酸化炭素が膨張すると卵白が殻に押し付けられ、殻のむきにくい卵に……。というわけで、新鮮な卵ほど殻がむきにくく、日をおいてから十分に加熱された卵ほど、殻がむけやすくなります。

大地を守る会の卵の殻はキレイ??

鶏が卵を産む鶏舎。羽が浮かんでいたり、土ぼこりが舞う中で産卵しているのでは……、と清潔さに疑問を持つ方もいると思います。が、そこは大丈夫! 大地を守る会の卵は、卵専門の洗浄業者に依頼し、きれいに洗ってパック詰めしてからお届けしています。

レモンイエローの黄身のヒミツ

淡い黄色の正体は、鶏が米やパンなど「白い」食材が混ざった餌を食べているから。餌が輸入コーンなどだと、濃い黄色の黄身になります。黄身の色の正体は、鶏が食べている餌が影響しているんですね。

平飼卵

自然のままに育てた、鶏にも人にもやさしい卵

開放型鶏舎でのびのびと健康に飼育

太陽の光が差し込み、風通しの良い鶏舎で放し飼いにする「平飼い」で育てた鶏が産んだ卵です。元気に動き回れる鶏は、「ケージ飼い」と呼ばれる密閉された狭い檻で飼育された一般の鶏と比べ、ストレスが少なく自然に近い状態で卵を産むことができます。

非遺伝子組み換え穀物の飼料を使います

卵の安全性を左右する飼料の原料となる大豆やとうもろこしは、安価な遺伝子組み換えではなく、希少な非遺伝子組み換えのものに限定。さらに各生産者が鶏の栄養バランスを考えたオリジナルの飼料を与えています。そのため黄身が淡く、やさしい色になることも。

抗生物質や合成抗菌剤などの薬剤を与えません

大地を守る会では、一般的な採卵用の鶏のように病気予防のための薬剤は使いません。「平飼い」によりストレスを減らし、飼料を工夫することで病気を予防し、健康に育てています。

卵の鮮度や状態を常に厳しくチェック

GP(Grading&Packing)センターで打刻検査を実施し、殻の薄い卵やひび割れを取り除いてから出荷します。

採卵した卵は洗浄・殺菌した後、ひび割れなどの卵を取り除きます。加えて重さや卵白の高さなどの検査を毎週行い、さらなる品質向上を図っています。

色は様々

平飼卵のなかでも、飼料によって卵の色はさまざま。

赤みがかった濃厚な黄身の卵が人気を集める昨今。一般に、黄身の色を濃くするためにパプリカやトウガラシなどの色素成分を飼料に添加しています。黄身の色の違いは風味や栄養価ではなく、飼料の違いです。大地を守る会の平飼卵の黄身の色は、様々。

生産者からのごあいさつ

「毎日食べても全然飽きないほどうまいよ」

本田 孝夫さん

本田 孝夫さん(写真右)とおつれあいの輝美さん(写真左)(埼玉県深谷市)

鶏も人と同じで食べ物が大事。だから自分で作った作物で鶏が育って、卵を産んでくれる。その卵を食べる人が喜んでくれる。これがたまらなくうれしいんだ。俺はいつも卵焼きを食べているけど、全然飽きないよ。本当にうまいから会員の皆さんもぜひ食べてみてください。

平飼卵を使った一品

半熟ゆで卵

水からゆでて、半熟ゆで卵でどうぞ。くさみを感じない純粋な白身、こくのある黄身と、シンプルだからこそ味の違いがはっきりとわかります。ぜひお試しください。

利用者の声

おいしいので卵かけごはんでスルスルと。ゆで卵にすると味の違いに1番気づくかもしれませんね。(あおさん)

ビビンバに生でのせて食べておいしくて、くせがない! あっとゆう間に一人で食べてしまいました。(まーさん)

平飼卵 6コ のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 美味しい・・・おいしくていつも卵かけ御飯でいただいています。
    週に何回かはこの卵で卵かけ御飯を食べないと元気が出ません。

  • 美味しいのですが、黄身の色が母には不評です。
    高齢なので戦前は実家でも鶏を飼っていたようですが、黄身は黄色かったというので、白っぽい卵に当たると機嫌が悪いです。

  • きれいなレモン色です。黄味も盛り上がっており、とてもおいしいです。

  • 毎週平飼卵6コを頼んでいます。臭みが無くて、ポーチドエッグ、スクランブル、目玉焼きなど毎日朝食に大活躍!最近は新顔のワッフルにも使用していますが、本当に癖が無くていつも新鮮で大好きな卵です。

  • お菓子を作っても
    卵かけご飯でも、茹でても満足。
    これだけ美味しい卵は子供の頃以来です。

  • 平飼卵6個いつも注文しています、3人家族なのでちょどよく黄身が黄色くて盛り上がっていて美味しいです

  • 久しぶりに玉子を継続して食べています。色味は薄いですが、黄身の味が濃くて全体的にしっかりとした味わいです。いつも納豆し一緒においしくいただいています。

  • That,sとの違いは何でしょう?

  • 黄色の黄身にびっくり。たまごかけごはんで食べました。おいしかったです。

  • 最近卵や肉類などを食べることが減り、
    たまに食べるとなんだか、
    昔あんなに好きだった卵が、
    しつこいような、生くさいような、、
    卵が自分に合わなくなってきてるのかもしれないと、感じていたのですが、

    イチオシBOXに入っていたので
    注文して食べてみたら

    まず、殻を割って
    黄身の色が、薄い黄色のことにびっくり。
    小さいし。

    同じコースに入っていた、
    ビビンバに生でのせて食べておいしくて

    くせがない!

    これなら、食べれると思いました。
    あっとゆう間に一人で食べてしまいました。

    茹で玉子もすごい美味しかったです。

    茹で玉子を
    半熟にして食べると美味しい書いてあったので
    それもやってみたいです。

  • 味の良さはもちろん、賞味期限だけでなく採卵日も明確なのは、安心。

  • 黄身の色にびっくりしました。普段スーパーで買っている卵の色と全然違う黄色でした。うどんに落として半熟で食べました。

  • 始め、卵かけご飯にして食べました。
    殻が硬く、白身がしっかりしていて違いが感じられました。
    醤油を入れなくても良いくらい味わいがありました。

  • しっかりした卵なので生のまま納豆と混ぜてお葱を添えて頂くのがおすすめです。
    また半熟の状態でオムレツなどの卵料理にも向いている卵だと思います!
    安心して頂けるしっかり味わえる卵です。

  • 元々そんなに卵が好きではなく、特に生卵は苦手ですが、この卵だけは届いたら数日以内に必ず卵がけご飯にしていただいています。
    大地を守る会の納豆のタレorおふくろの塩で食べるのがお気に入り。濃厚で美味しいです。
    この卵に慣れると、スーパーでは買えなくなってしまいますね。
    2人家族なので、6個入りもとても助かります。

  • 卵は市販では酷い環境で育っているそうなので、断然大地を守る会で買います!新鮮で美味しいですし!