豚肉



揺るぎない家族の絆と圧倒的にうまい豚肉

一瞬で変わったあの日。「もっと強くならないと」

広い豚舎で適度に運動させて、一般よりも1カ月も長く育てることでうまみをのせています

東日本大震災から5年目の春。仙台黒豚会の久保勇さん、至勇さん親子を訪ねました。至勇さん(27)は、震災の後、家業の養豚を継ぐことを決心。父の教えを受けつつ、豚と向き合う毎日を過ごしています。
「震災の時は本当に大変でした」。学生時代の友人を亡くし、就職の内定も流れたという至勇さん。電気も水道もない生活を強いられ、おつれあいと一緒に実家へ避難、毎日を必死に生きるなかで、ある変化が起きます。
「寒い夜は、家族みんなで同じ部屋に寝て暖をとり、朝日とともに目を覚まして、豚の世話をしていました。“絆”と言うと照れるけど、家族をこんなに近くに感じたことはありませんでした。そんななかで、まだ結婚したばかりだった僕は、何があっても壊れない、確固たるものを築かなくては家族を守れないと思いました。だから養豚を継ぐことを決心したのです」。
最近では豚の背中を触るだけで、体重と肉質を見極めることができるようになったという至勇さん。頼もしい後継者の誕生です。

仙台黒豚会の豚肉のおいしさは、黒豚血統にあり

希少な非遺伝子組み換え穀物飼料の使用は、大地を守る会の生産者全員の共通ルールです

父の勇さんは、至勇さんのことを「まだまだ養豚の3割もわかっていない。でも感謝しているんです。地域の養豚家が、後継者不足で次々と辞めていくご時世ですから」と、うれしそうに語ります。そんな勇さんは、黒豚(バークシャー種)の生産、血統の掛け合わせのプロ。今の仙台黒豚会の豚肉の基礎を作ったのも勇さんです。
「黒豚は、きめ細かい肉質でうまみが濃い。特に口どけが良くあっさりとした脂身は、他の豚を圧倒しています」。
仙台黒豚会の豚肉は、黒豚血統を50%掛け合わせ、味の良さと買いやすい価格の両方を実現した豚肉です。また、希少な非遺伝子組み換え穀物飼料を与え、安心にも配慮しています。
「安心しておいしく食べてもらいたい。こうした安心安全な養豚に、息子も私も魅力を感じているんです」。 
効率よりも、味と安心。一度食べれば、味の違いに気付いていただけるはず。今週は、家族の絆を感じつつ、じっくりと仙台黒豚会の豚肉を味わってみませんか。

※入荷の都合により、お届け6日前の午前中(土日お届け指定の方はそれぞれ7日前、8日前の午前中)でご注文を締め切る場合があります。



注意事項

※各商品のページに表示されている「原材料」は、原産国表記がないものはすべて国産です。原産国は予告なく変更される場合があります。
※ページに掲載している画像は、盛付・調理イメージ、使用例の場合があります。
※商品のパッケージは予告なく変更になる場合があります。
※消費期間、賞味期間に掲載されているお届け後の保証日数については、お届け当日を含みます。また、商品欄に表示のない場合は、一律で90日保証です。
※精肉のスライス厚・直径は目安です。
※未成年者の飲酒は法律で禁じられております。20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売しません。
※雑貨のサイズはすべて約寸です。

※「一括表示ラベル画像」の原産地・原料原産地は、予告なしに変更する場合があります。
※数量に残商品数が表示されていても、ご注文が確定されるまでは、商品のご購入が確約できているわけではありません。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ