【頒布会】人気です! 【予約】りんご七会

頒布会・達人生産者・原さんのりんご七会

達人生産者・原さんのりんごには、土の力が備わった格別の香りとおいしさがあります。その理由は長野県安曇野で40年以上有機質肥料のみを使い、微生物が棲む豊かな畑で育てているから。すべての実にまんべんなく陽が当たるよう細やかな剪定を行い、栄養と甘みがのるまで、できるだけ樹上で熟して収穫。「一度食べたら忘れられない、深い味わい」と大人気です。

2つのコースが選べます

  • 写真はイメージです。実際にお届けする個数とは異なる場合があります。
  • お届け時期・量目は目安です。価格は上限価格ですので、お届けの内容によって変わります。
  • 【生産者】原 俊朗・原 明子(長野県)/【農】減

日本で広く流通しているりんごの一つ「ふじ」

原俊朗さんは、先代から続く全国的に有名なりんご農家。今も多くの農家で栽培されている「ふじ」の一つ「長ふ12」は、原さんの亡き父・今朝生(けさしげ)さんが発見した品種です。俊朗さんも「ふじいち」という品種を見つけるなど優れた技術を持っています。

名人が引き出す土の力

父の代から続く、化学肥料を使用しない「堆肥による土作り」や草と果樹を共生させる「草生栽培」、すべての実にまんべんなく陽が当たるように工夫された「剪定」などの栽培技術を、日本中のりんご農家に教えてきました。今でも各地のりんご農家が、技術を学びに原さんの元を訪れています。

個性あふれるりんごの味

りんごの達人生産者・原グループは、りんごの魅力を多くの人に伝えるべく、一般では見かけることの少ない、希少品種の栽培にも力を注いでいます。「こうたろう」、「グラニースミス」などは、まさに大地を守る会の『りんご七会』だからこそ出会える品種。極力農薬に頼らず丹精込めて育てたりんごはどれも滋味にあふれ、甘い、酸っぱい、赤い、青い……、りんごの個性を引き出したその品種独自の味わいが楽しめます。

笑顔に満ちた原さんのりんご畑

除草剤を使わない原さんのりんご畑は下草も輝やき、まるで森のよう。作業の合間にりんごをむいてひと休み。

りんごの魅力をもっと知ってもらいたい

りんご作りの名人であった父の技術を受け継ぎ、全国のりんご農家に注目される原 俊朗さん(写真右)。
りんごの魅力を多くの人に知ってもらおうと、希少品種の栽培や新種の発見にも力を入れています。

2つのコースが選べます

  • 写真はイメージです。実際にお届けする個数とは異なる場合があります。
  • お届け時期・量目は目安です。価格は上限価格ですので、お届けの内容によって変わります。
  • 【生産者】原 俊朗・原 明子(長野県)/【農】減

全7回お届けいたします!

シナノドルチェor秋映

「シナノドルチェ」は一般にはまだあまり出回っていない新しい品種。甘酸っぱくて、りんご七会のスタートにぴったりのフレッシュな香り。「秋映」は深紅色をしていて、濃厚な味わいです。

こうたろうor 紅玉

「こうたろう」は、りんご七会ならではの珍しい品種。果肉が緻密で食べ応えがあります。「紅玉」は、加熱調理に向きますが、そのまま食べても滋味があっておいしいと密かにファンが多い品種。

シナノスイート

「ふじ」と「つがる」を交配した長野県生まれのりんごです。シャキシャキした軽い食感の果肉で、甘みが強く誰にでも 喜ばれる味わいです。

ぐんま名月or王林orシナノホッペ

「ぐんま名月」は黄色のりんごでは珍しく蜜が入りやすい品種。「王林」は独特の芳香と甘みが特徴の青りんごで、「シナノホッペ」は、紅色がきれいで果肉がしっかりした長野県期待の品種。

シナノゴールド

農産担当・市川の、一番おすすめのりんごです。見た目から熟度が分かりづらく、早めに収穫してしまいがちですが、原さんはしっかりと完熟で届けてくれます。

ふじ

原さんのふじは味の濃さ、食感、甘みが申し分なく、「これを食べたら他のふじは食べられない」と言いたいほど。原さんのりんごの代名詞的品種です。

グラニースミス

「グラニースミス」は日本ではあまり見かけない、緑色の酸っぱいりんごです。加工用にもおすすめですが、ぜひ一口はそのままで。りんご七会では、もう17年目。おなじみのりんごになりました。

「りんご七会通信」を一緒にお届け!
表示:
表示:

■頒布会のお申し込みについて

  1. 9月3日(月)12:30までご注文を承ります。ご注文が重複した場合は、最後にお申込みいただいた口数でお届けします。
  2. 期間中、お休みは可能です。配送日に商品を受け取れない場合は、お届け日1週間前の昼12:00までにサポートセンターへご連絡ください(お買い物サイトでも手続き可)。
  3. 生育状況によりお届け時期、品種、量目の変更や一部欠品になる場合があります。(特に第1回~3回)
  4. 各回お届け時に請求となります。お届けがない週も納品書等で「欠品(翌週以降お届け)」と表示されます。

■生産物の農薬使用状況(予定)について

生産物の農薬使用状況(予定)について、本サイトの生産者情報および【農】マークにて次の表示をしています。

  • 「有機」…日本農林規格に基づいた有機農産物の認証を受けた農産物。
  • 「無」…栽培期間中節減対象農薬(※)不使用の農産物(購入種苗を除く)。
  • 「減」…大地を守る会有機農産物等生産基準に則って、使用できる農薬の種類や回数を制限して栽培された農産物

(※)節減対象農薬とは、化学合成農薬のうち有機JAS規格では使用不可能な農薬です。
詳しくは「あんしんの約束」をご覧ください。

ページの先頭へ