老舗料亭や料理研究家から愛され続ける味噌

  • 三河産大豆の八丁味噌
  • 三河産大豆の八丁味噌_2
  • 三河産大豆の八丁味噌_3
  • 三河産大豆の八丁味噌_4
  • 三河産大豆の八丁味噌
  • 三河産大豆の八丁味噌_2
  • 三河産大豆の八丁味噌_3
  • 三河産大豆の八丁味噌_4

三河産大豆の八丁味噌

582(税抜)

629(税込)

300g

定期会員価格:562円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

限定 23

「八丁味噌」は徳川家康が生まれた岡崎城(愛知県岡崎市)から西へ八丁 (約870m)先の八帖町(旧八丁村)で作られていた味噌のこと。本品は地元・三河地方の大豆と塩だけを使って豆麹を作り、杉材の大桶で、ふた夏以上の長期間かけて熟成させた天然醸造味噌。大豆の力強いうまみと、熟成過程で繁殖する乳酸菌の酸味が溶け合った、独特な風味とこくが魅力です。田楽のタレ、またカレーやデミグラスソースのこくだしとしてもおすすめです。

生産者情報など: まるや八丁味噌(愛知県岡崎市)
次回取扱予定: 11月16日お届け週
原材料:

大豆、食塩(天日塩【オーストラリア】)

賞味期限: お届け後90日保証
配送に2日かかる地域(北海道·九州·沖縄·離島)、土曜·日曜お届け等の場合、保証期間が上記より数日短くなることがあります。
アレルゲン情報: 大豆
有機・無・減、ほか各種マークについて

大人の献立

八丁味噌仕立てのビーフシチュー

八丁味噌仕立てのビーフシチュー
【材料】(作りやすい分量)
サイコロステーキ用牛肉 150g
玉ねぎ 2コ(薄切り)
ブラウンマッシュルーム 50g(縦に4等分)
「大地を守る会のデミグラスソース(ルウタイプ)」 1パック
八丁味噌 大さじ1
赤ワイン 150ml
オリーブオイル 大さじ2
玄米や雑穀など 適量

【作り方】

  1. フライパンにオリーブオイル大さじ1を温め、マッシュルーム、牛肉の順に炒めておく。
  2. 鍋にオリーブオイル大さじ1をひいて玉ねぎを炒める。色付いてきたら赤ワインを入れて水分がなくなるまでさらに炒めたら、ルウを割り入れ、水600mlを加えて溶かしながら煮る。
  3. ②が沸騰したら八丁味噌を溶き、弱火で10分煮る。最後に①を加えてひと煮立ちしたら火を止める。玄米や雑穀などお好みのごはんを添えてビーフストロガノフ風にしても美味。

※ ボリューム系の洋風料理が多いクリスマスシーズン。隠し味に八丁味噌を加えることで後味がさっぱりとします。ごはんは添える程度で盛ると、お酒がすすむおつまみとしても楽しめます。

遠田 かよこさん



監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。『カタログ 大地を守る』のフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。



社員のおすすめ

名古屋めしのソウルフード!だけじゃないがね~
大豆と塩だけでじっくり熟成された赤みそ。名古屋出身のわたしのソウル調味料です。中華調味料の甜麺醤代わりにマーボー豆腐やホイコーローにも使います。ビーフシチューの濃く出しにも。もちろん、もつ煮込み、赤みそ田楽、とんかつに赤みそソース、みそおでんにも。(佐藤)

三河産大豆の八丁味噌 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • 八丁味噌特有の渋みは八丁味噌の中では少ない方かなと思います。渋みが苦手な方には良いかもしれませんが、私はもう少し渋くても良いです。

  • 八丁味噌はコレ!って決めていますので、最近、大地で取扱がなく困ってます!!近所のスーパーでは売っていないし、どうしよう。絶対に上手い!しかも安全!!

  • 赤みそがずっと苦手でしたが、この赤みそは、それまでの赤みそのイメージを一変させる商品です。
    とても美味しいので、もっと定期的に取り扱っていただけると嬉しいです。

  • これは美味しいです。非の打ち所のないお味! 今では私が大地で購入する唯一のお味噌になってしまいました。箱入りで使い易く、小さめですので、冷蔵庫内で場所も取りません。但し熟成の結果か水分が極端に少ないので溶かしにくいです。もう少し緩いと使い勝手がよくなるのですが、きっとこういうものなのでしょうね。近頃、メディアで赤味噌の健康効果が喧伝されていますので、お徳用サイズの出現を期待します。

  • 関東では使わない方が多いのですが、私が名古屋出身なので、我が家では定番です!
    肉と野菜を炒めて塩、コショウ後にこちらの味噌を料理酒で解いて絡めるとどんな材料でも回鍋肉っぽくなりますよ。試してみてください。

ページの先頭へ