食べ切りサイズで使いやすい

  • ミニとうがん 1コ
  • ミニとうがん 1コ_2
  • ミニとうがん 1コ
  • ミニとうがん 1コ_2

ミニとうがん 1コ

冷蔵

314(税抜)

339(税込)

1コ

定期会員価格:302円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

あんかけやスープでお召し上がりください。とうがんは熱々でも冷たくしてもおいしいです。

次回取扱予定: 未定
原材料:

ミニとうがん

有機・無・減、ほか各種マークについて


大人の献立

冬瓜とかぼちゃのごま味噌スープ

冬瓜とかぼちゃのごま味噌スープ
【材料】(2人分)
ミニとうがん 1/2コ
かぼちゃ 100g
なす 1本
白味噌 大さじ4
白すりごま 大さじ4
みょうが(輪切り) 1本
「神山鶏サラダチキン(ほぐし)」 50g
A
「和風だしパック(いりこ)」 1袋
700ml

【作り方】

  1. ミニとうがんは中のワタを取って皮を厚めにむき、かぼちゃはところどころ皮をむいて、それぞれ一口大に切る。なすはへたを取りタテ半分に切ってから1cm幅の斜め切りにして、水にさらす。
  2. 鍋にAと、1を入れて沸かし、野菜に火が通ったら、和風だしパックを取り出す。
  3. 2に白味噌、白すりごまを入れ、一煮立ちする直前で火を止める。器に盛って、みょうが、「神山鶏サラダチキン(ほぐし)」をトッピングする。

※ すりごまを加えることでまた違った風味のお味噌汁が味わえます。冷やしてもおいしくいただけます。

冬瓜ともずくの冷たいスープ

冬瓜ともずくの冷たいスープ
【材料】(2人分)
冬瓜 1/2コ
伊平屋島産味付け太もずく 1袋
生姜 1片
いりごま 小さじ1
ごま油 小さじ2
ひとつまみ

【作り方】

  1. 冬瓜はスプーンでタネとワタを取り除き、厚めに皮をむいて一口大に切る。
    鍋に水600mlを沸かし、冬瓜がやわらかくなるまでゆでる。
  2. ①の鍋を弱火にして、「伊平屋島産味付け太もずく」は汁ごと、いりごま、ごま油、塩を加えてまぜる。
    火を止め、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。冷えたら器によそい、すりおろした生姜をのせる。

※ 冬瓜は火が通りやすいので大きめに切ります。温かいままでもおいしくいただけますが、ぜひ冷やしてのどごしの良さを楽しみましょう。

遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。『カタログ 大地を守る』のフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

ミニとうがん 1コ のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • 大きなとうがんは切るのが大変ですが、小ぶりだと使い勝手がいいです。

  • ミニサイズで使い勝手がよく、美味しく頂きました!

  • 今まで大きな冬瓜を美味しいと思って買ってきたけど切るのが大仕事だなと、買ってみた。カット製品は切断面がカピっとなっているし。

    両手に可愛く乗る、ミニというのがピッタリな大きさが届いた。

    塩もみも下茹でもしたのに、たいへん苦く、味見で強い吐き気に襲われた。
    全部の部位を一口ずつ食べてみたがひどい苦み、おなかがいたくなって、ムカムカして、結局嘔吐。
    半日ほど吐き気が続いて、涙と鼻水もすごい酷いことに。
    悲しかった

  • 切りにくさも無くすっと切れて調理しやすかったですね。
    肌寒くなったので骨付きの鶏肉でスープにしましたが柔らかいのに煮崩れしにくく出汁も滲みて
    とても美味しかったです。

  • 初めて購入しましたが、
    三人家族にはちょうど良いサイズでした。
    手羽先と一緒に煮ました。
    トロリとしてとても美味しかったです。

  • 一人暮らしなのでちょうどいいサイズで美味しくいただきました!

  • 大きいとうがんは処理しきれず困るのですが、このくらいミニなら食べきれます。とはいっても、小さいキャベツくらいの大きさがあるので、色々な食べ方を楽しめる量です。
    今回は、やわらかい身の部分は角切りにしてとろとろに茹でて、半分は中華スープで。もう半分は、薄出汁で軽く煮てから挽肉あんをかけて小鉢に。皮ギリギリの固い身の部分は、きんぴらに。真ん中のワタは種をとって味噌汁の具に。余すところなく使えます。とうがんは水分が多く、利尿効果もあって、体の熱を冷ましてくれるので、夏にはぴったりですね。

  • お出汁で煮て、冷たくしていただきました。生姜をすこしアクセントに。カニ缶のあん、いいですね。まだ半分、冷蔵庫にあるので、試してみます。中部地方の地元では夏場に、鶏肉を入れたとうがん汁を温かくしてよく食べていた記憶があります。

  • 薄味で煮てよく冷やし、カニ缶のあんをかけていただきました。
    沢山作りましたが、冷たい煮物はさっぱりしてペロリと食べてしまいました。

  • 食べきりサイズとはいえ、食べがいのある量でお得感があります。
    あんかけでいただくことが多いですが、薄めにスライスして炒めても美味しいです。

ページの先頭へ