スタッフ偏愛商品コラム vol.3

大地を守る会 スタッフ偏愛商品コラム

しゃっきり、ぷりぷり、つるりん。
私にとって「王様なめこ」です。

*****
今回の当番

カタログ企画担当
渡邊 みどり(わたなべ みどり)

40半ばの夫と、夫が溺愛するカブトムシ50匹超(!)の
夏場はとても賑やかな生活。
日々のごはん作りのモットーは
「ごはんのおかずにも、お酒のつまみにもなるもの」。
*****

皆さんこんにちは。
大地を守る会の渡邊です。

長い長い梅雨がもうすぐ終わりを迎えようとしていますが、
いかがお過ごしでしょうか。

我が家の周りでもあちこちで朝顔が咲き始め、
夏の足音がします。

様々な色や模様で目を楽しませてくれる朝顔。
皆さんは何色がお好きですか。

毎日一歩ずつ季節が進むように、
食卓のメニューも少しずつ夏模様に変わっていく。

そんな日々の中、我が家で不動の冷蔵庫スタメンでありつつ、
四季折々のメニューに大活躍の頼れるキノコ。

それが熊谷伊兵冶ナメコ生産所の「洗いなめこ」です!

ビニール袋の向こうから伝わるつるつる感。

まず手に取って見ていただきたいのがその大きさ。

他のなめこよりひとまわり以上は
大きいであろうそのサイズ。

このサイズだからこそ味わえる、
しゃっきり、ぷりっぷり、つるりとした食感と、
鼻の奥を駆け抜けるなめこの良い香りがたまりません!

右側の市販品と比べると親子ほどの差がありそうです。

このなめこの熊谷伊兵冶ナメコ生産所の熊谷さんに
育て方の秘密を伺ったところ、

・一般になめこの培地に使われるコーンコブ(※トウモロコシの軸を砕いたもの)は使用せず、90%はおがくずを使用し、なめこを育てる栄養には小麦・大麦・米ぬか・大豆などを使用。

・昼夜の温度差をつけ、なめこの成長を見ながら水分を調整しながら育てる。

・「機械切り」ではなく、成長を見極めて「手切り」で収穫。

と、ていねいに育てることで、
あの感動のなめこを生み出しているのだそうです。

子供の頃からなめこの味噌汁が大好きで、
一度食べてからは「このなめこ一筋!」なのですが、
暑い時期は「万能なめこあん」が大活躍しています。

作り方は至って簡単。

なめこをさっと茹でて洗い水を切ったら、
めんつゆで和えるだけで出来上がりです。

気まぐれにネギやワサビを足すなどアレンジしても美味で、
今回は冷蔵庫にあったニラと七味を混ぜてみました。

茹でたニラを刻んで混ぜても受け止める、
懐の深さがなめこにはあります。

この「万能なめこあん」は
熱々ごはんの上にオン!はもちろん、
冷奴のトッピングや、そうめんの麺つゆに足したり、
刻んだオクラと混ぜてとろネバな副菜など、
様々な夏のさっぱりメニューに大活躍です♪

春夏秋冬、四季折々のメニューにそっと寄り添う「洗いなめこ」。
小さいけれど大きくて、そして驚きのおいしさを秘めたなめこ。

みなさんもぜひ一度お試しください。

おすすめの食べ方

・万能なめこあん
なめこを鍋に入れ、なめこがひたひたになる位まで水を入れて、ほぐしながらさっと火を通す。
水を切ったらめんつゆを薄めずにそのまま加えて和えて、冷蔵庫で冷やして出来上がり。
寒い時期はなめこあんを温めなおして、温豆腐にトッピングにしてもおいしいです。

・なめこ蕎麦
上記で作った「万能なめこあん」を、茹でて水で締めたお蕎麦の上にトッピング。
カリカリに焼いて細切りにした油揚げ、海苔、ワサビを加えると暑くてもするっと食べれます。
ここにさらに冷酒なんかがあるともう極楽です。

・なめこ納豆汁
なめことひきわり納豆(出来ればすりつぶした納豆)を具にしたお味噌汁。
Wねばねば効果で汁にとろみがつき、一杯飲めば体の芯からぽかぽかに。
寒い日にぜひお試しください。

紹介した商品

表示:
  • 洗いなめこ 100G写真

    さっと洗うだけですぐに使えます!

    洗いなめこ 100G

    冷蔵

    289(税抜)

    312(税込)

    100g

    定期会員価格 279円(税込)

    ●生産者情報など:無/熊谷伊兵冶ナメコ生産所/山形県

表示:
ページの先頭へ