かぐわしく、ジューシーな味わいで長年愛され続ける原さんのふじ

  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_2
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_3
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_4
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_2
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_3
  • 原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG_4

原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG

冷蔵

2,218(税抜)

2,395(税込)

2kg(6〜9コ)

定期会員価格:2,138円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

大地を守る会の生産者、原さんのふじは毎年多くのファンを魅了。甘みが濃厚で香りが良く、ジューシーな味わいをぜひご賞味ください。

次回取扱予定: 未定
原材料:

りんご

アレルゲン情報: りんご
  • ※保存する場合は冷蔵庫へ。
有機・無・減、ほか各種マークについて

畑の作り手通信「長野県松本市 原俊朗さん・原明子さん」より

皆さん、お元気ですか? 原俊朗です。りんごシーズンの大トリを飾る「ふじ」の旬が始まります。今年のふじの出来はとても良いです!日当たりが良くなるように木を剪定し、枝に葉を残して光合成を促して養分が実にたくさん行き渡るようにすると、甘いりんごが育つんです。5月に雹が降りましたが、ふじの畑は無事。2度の大型台風も、生育中だったふじは落下せず、明子さんも私も無事に収穫することができました。11~12月は、ふじが一番おいしい季節。絶妙なバランスのこくと酸味を含んだ濃厚な甘みを、ぜひお楽しみください!

  • ふじを全部収穫する「総採り」が終わったら、来季もおいしいりんごがなるように、樹を1本ずつ剪定し、ひと冬かけてリフレッシュさせます。

  • 今年は植物性のたい肥を、うんと入れてみたら樹も元気で病気も出ず、とっても良い出来です!(原 明子)

  • ジューシーなふじは、加熱すると甘みが一層引きたちます。砂糖と煮詰めた、甘く香ばしいキャラメル煮は、トーストにのせても美味♪

お客様の声

大切に育てられたりんごの味、格別でした!蜜入りで甘くシャキシャキ食感。わが家は毎朝、果物を食べますが、原さんのりんごは体中に酸素が行き渡るようで、さわやかな気分になりました。これからも、おいしいりんごを育ててくださいね!(かわちゃんさん)

一度食べたら忘れられない完熟が生み出す、こくのある味わい

原俊朗さん(写真左):全国からりんご栽培関係者が視察に訪れるほど熟練した技術を持つ、りんごの達人生産者
原明子さん(写真右):俊朗さんの兄、故・志朗さんのおつれあい。志朗さんから引き継いだりんご栽培に奮闘中

「あと3日は待ちたいなぁ。甘みと酸味が頂点に達して、すごくうまくなるんだよ」と語るのは、大地を守る会のりんごの達人生産者・原俊朗さん。一般的に収穫期を迎えると、畑のりんごを一気にもいでいく農家が多いなか、原さんは、本当の完熟を見極めてその一つ一つを吟味して収穫していきます。ただ甘いだけじゃない、甘みと酸味が織りなす「こく」のある味、パリッとした食感で、芳しさが口いっぱいに広がる……。原さんの完熟ふじは、一度食べたら忘れられないおいしさです。

安曇野の “りんごの森”には、人と生き物が集まる魅力がある

下草が生い茂る原さんの畑は、まさに“りんごの森”のよう

原さんの畑があるのは、 長野県松本市梓川。「安曇野」とも呼ばれるこの一帯は、日照時間が長く、北アルプス山麓の水はけの良い地域で、りんごの栽培適地として有名です。この地で原さんは、30年以上化学肥料や除草剤を使用せずに、下草が豊かに茂る「草生栽培」でりんごを育てています。ふかふかの土には、微生物が集まり好循環を生みます。またすべての実に太陽の光が届くようにする原さんの剪定技術を学びに、全国のりんご農家も集まります。この“りんごの森”から生まれた真っ赤なふじを、今年も皆さんにお届けします。

原俊朗・原明子さんのふじ(りんご) 2KG のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • 毎年、原さんのりんごを楽しみに食べてます。今年も美味しい!酸味と甘みとシャキッとした味わいがたまらないです。もちろん、皮のまま食べますよ!
    このままの品質が保たれることを祈るばかりです。

  • 実家で食べていた原さんのリンゴ、久しぶりにいただきました。
    やっぱり美味しい!  近くに住んでいる姉に、原さんのリンゴ食べる?と聞くと即答で、たべる!と連絡が来ました。

    子供たちは、皮つきでなく、リンゴの皮をまず厚切りにして、皮を味わっています。

  • 原さんのりんごでりんご好きになりました!
    娘の為に買ったりんご。
    ちよっと味見して驚きました。
    大学生の娘も、大地のあのりんごはまだ?と、
    楽しみにしております

ページの先頭へ