口どけの良い、有明海産の秋芽一番摘み海苔

  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔
  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔_2
  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔_3
  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔
  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔_2
  • 成清さんの有明一番摘み 焼海苔_3

成清さんの有明一番摘み 焼海苔

640(税抜)

691(税込)

全形10枚

定期会員価格:617円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:2月17日お届け週) 

酸処理していない、有明の秋芽一番摘みの海苔を使用。やわらかく、海苔本来のうまみと香りがあります。

生産者情報など: 成清海苔店(福岡県柳川市)
次回取扱予定: 2月17日お届け週
原材料:

干しのり

賞味期限: お届け後90日保証
有機・無・減、ほか各種マークについて

おにぎりにサラダのトッピングに、常備しておくと便利な定番の一

  • 穏やかで栄養豊富、干満の差が大きいなど、のり養殖に適した条件を備えた有明海

  • 秋の若芽は、いわば海苔のスプラウト。やわらかく、口に含むと、すっととろけます。

  • 成清海苔店の成清忠さん(右)と千賀さん。

◆見た目より味、だから秋芽一番摘み
大地を守る会で販売するのりは、すべて成清海苔店の品。有明海でとれた「秋芽一番摘み」です。代表の成清忠さんは言います。「現在、一般的なのりの評価基準は色・つやが主流で、それに準じて等級が変わります。しかし、私は見た目の評価にはこだわりません。徹底的に味を重視して選びます」。塩分、甘み、食感、やわらかさ、香り……海苔のおいしさは、見た目だけではわからないさまざまな要素の組み合わせ。成清さんの見立てが重要な理由です。「私が良いと思うのは、サクッと歯切れがよく口に入れたとたんにすっととろける、甘みのあるのり。見た目が赤っぽかったり、小さな穴が開いていたりしてもいい。自分がおいしいと思うのりしか仕入れません」。
成清海苔店では、有明海産ののりのなかでも「秋芽一番摘み」からしか選びません。「秋芽一番摘み」とは、秋〜翌年春の収穫期のうち、シーズン初めの10月後半〜11月初旬に摘み取る若芽。うまみの素「アミノ酸」の含有量が多く、香り高いやわらかなのりに仕上がります。年1回の入札前になると、成清海苔店では近隣の漁協からできる限り多くの見本を取り寄せ、のり漁師とも直接話して情報を収集。毎年、自社の商品特徴に合ったのりを見きわめて買い付けています。

◆酸処理をしない
 秋芽一番摘みの海苔の大きな特徴の一つが、酸処理をしないということ。酸処理とは、色・つやの向上やのりの品質低下防止、青のり・病害をもたらす雑藻類の駆除などを目的に、海で養殖中ののりをリンゴ酸やクエン酸などの有機酸(酸処理剤)に浸けるというのり養殖の一工程です。一番摘みの海苔の収穫が終わる12月以降に期間限定で行われており、有明海では秋芽一番摘み以外ののりの約8割が酸処理されています。酸処理に使う酸が環境や人体に及ぼす影響は、まだ明らかではありません。しかし、酸処理剤に含まれるリンが海の富栄養化の原因となる、有機酸が無機質に分解される過程で貧酸素・酸欠状態を招く可能性がある、といった説があるのも確か。環境への負荷を考えると使用の制限が不可欠で、大地を守る会では海の将来・安全性の視点から、使わないほうが望ましいと考えています。

◆召し上がり方
うまみのある、定番の全型10枚入りです。お寿司やおもち、おにぎりに巻いて、ちぎってサラダやパスタのトッピングに、と幅広く使えて便利。

成清さんの有明一番摘み 焼海苔 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • これが本当に美味しい海苔の味なんだ!と大地宅配で衝撃をうけたベスト3に入ります!
    両親が来訪した際、夕食の締めに梅干しと海苔のシンプルなおむすびを出したのですが、
    「海苔がほんとうに美味しい」が第一声でした。

  • 昔(何もかも天然のものが簡単に手に入った昭和30年代)の海苔に出会いました。またちゅうもんしました。 海苔1枚を使い "大き目のにぎらーず" を作り、食欲の衰える夏を乗り切っています。

  • 初めて成清さんの海苔を食べた時、「これが海苔なんだ」と感動しました。本当においしいです。

  • とてもおいしい海苔です。大地さんの海苔の中では、一番好きです。

ページの先頭へ