スタッフ偏愛商品コラム vol.22

大地を守る会 スタッフ偏愛商品コラム

冷蔵庫に常備しておくと便利!
基本のおいなりさんから、鍋や麺類、
お餅やゆで卵を入れて煮たり、華やか祝いの席など…
使い方は無限大◎大活躍の一品です。

*****
今回の当番

お買い物サイトの
ディレクション&制作担当
竹内 智代子(たけうち ちよこ)

小学校高学年の男子、夫、義母の
3世代同居で、家族全員スポーツ大好き。

先日、アスリートフードマイスターの
資格をとりました。
*****

寒さが増して、外に出る機会が
減っていますよね(((o゚Д゚))。 

私は秋から近所の友人たちと
週1回夜に集合して「ウォーキング」&
「スロージョギング」を始めました。

アップダウンが多い近所を
1時間で5~6キロ。

飲み会もなかなかできないので、
週1回気分転換もかねて(近所のお宅の
クリスマスイルミネーションもキレイ…)。
ちょこっと話しながら動くので、
意外と疲れます。

子供たちや主人も時々参加して
楽しんでいます。

ウォーキングをする夜は事前に軽く食べて
行ったり、帰ってきてから夕食にするので
簡単に準備がしたい。

そんな忙しい時に便利なのが
この「味付けいなりあげ」。

酢飯を詰めるだけで簡単!
今夜はうどん&いなりセット♪

実は私、今までいなり寿司って味付けが
口にあわなかったり、パサパサしてたりと、
市販のもので満足したことがなく
好きでなかったんです。

しかし、この商品に出会いこの味わいの
虜(とりこ)になってしまったのです。

なぜこんなに
すばらしい味わいができるのか、
生産者・丸和食品(東京都練馬区)さんの
ことを知り、ようやくわかりました。

丸和食品さんは栄養価の高い
完全食品・豆腐の販売会社として
1977年、練馬区で創業。

大豆を最大限に生かした豆腐から、油揚げ、
厚揚げ、がんもどき、京がんも等を
製造しています。

味付けいなりあげは、
現在、成田の工場で作られています。

いなりに使用している油揚げは
国産大豆100%とにがりのみ。

にがり以外の消泡剤などの食品添加物は
使用していません。

また遺伝子組み換えでない圧搾一番搾りの
菜種油で、油切れよく揚げています。

低温→中温→高温と温度帯を変えながら
じっくり揚げることで、肉厚で
ふっくらとした食感を生み出しています。

とても汁含みが良く、
揚げ油の菜種油も味付けのコクとなり、
ジューシーでまろやかな味わいに
なっています。

お揚げのサイズが大き目で
ご飯も詰めやすいのが嬉しい。
食べ応えたっぷりのいなり寿司が
簡単に出来あがります。

調味液は、自社工場での製造。

自社でかつお節、さば節、昆布から
ていねいに出汁を煮出し、丸大豆醤油や
発酵調味料、塩、砂糖などを加えて、
日々仕込みをしているのだそうです。

保存料などの添加物や化学的な調味料を
一切使用せず、飽きのこないほど良い
甘辛味のやさしい味に仕上げています。

休日は息子の少年野球のお弁当に。
子供から大人まで愛される味わいです。

この商品の魅力はいなり寿司以外にも
使えるということ。

だから冷蔵庫にあると
とっても助かるんです。
私のアレンジをご紹介しますね。

鍋に

角もちを半分に割って、
いなりの中に入れてつまようじで閉じます。

いなりの味付けが甘めです。
鍋に染み出るいなりの味も
楽しみの一つです。

今はおひとり用鍋が流行っているので
いろんな味を楽しめますね。

おつまみに

角もちを半分に切って、
いなりの中に入れてから一度レンジで
おもちがやらわらくなるまで温めます。

その後、とろけるチーズを上にのせて
トースターなどで焼くと
お酒のおつまみになります。

外はカリっと、中はもちっとしています。

そのままうどんやそばにのせれば
お手軽きつねうどん(そば)に


色々使えて便利なのですが、
さらに嬉しいのが日持ちすること!

賞味期限(お届け後45日保証)と長めで
ありがたく、冷蔵庫に入れておけば
急な来客や遠足などの行楽行事のときに
とっても重宝するんです。

もちろん、卯の花を詰めたり、
刻んで青菜と和えるなど、
毎日の献立にも使えます。

お子さんには味付けが濃い&甘いという
スタッフもいました。

好みによってちょっと湯通しして
甘さ控えめにしたり、
煮汁たっぷりのいなりあげを
ぎゅぎゅっとしぼって、余った煮汁を
かぼちゃの煮物にするのがおすすめ!と
教えていただきました。

今度挑戦してみようと思います。

いなり寿司だけなんでもったいない!
とーっても便利に使える
「味付けいなりあげ」、私のイチオシです。

ぜひ一度召し上がってみてくださいね。


さて、今年の春から始まりました
「スタッフ偏愛商品コラム」。
今年は今回で終了です。

みなさま、読んでくださり
本当にありがとうございます。

嬉しいことに毎回楽しみに
購読してくださる方が増えており、
スタッフ一同、来年もより
偏愛あふれるコラムを作っていこう!!と、
もりもりやる気が沸いています。

ではみなさま、
どうぞ健やかな年越しをお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ