希少な国産ニシン。レモンを添えてどうぞ

  • 礼文の春にしん
  • 礼文の春にしん_2
  • 礼文の春にしん_3
  • 礼文の春にしん
  • 礼文の春にしん_2
  • 礼文の春にしん_3

礼文の春にしん

冷凍

773(税抜)

2尾

定期価格:690円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

現在、国内で流通しているニシンの大半はロシアやカナダからの輸入品ですが、本品は北海道・礼文島沖で獲れた国産ニシン。脂のりがよくうまみもたっぷりの、とてもおいしい魚です。早春から産卵のために北海道沿岸に現れるので、別名「春告魚」(はるつげうお)とも呼ばれています。この時期に獲れた、まさに旬のニシンをお届けします。ぜひ春の味覚をお楽しみください。シンプルに塩焼きがおすすめです。

生産者情報など: 札幌中一(北海道札幌市)
次回取扱予定: 未定
原材料:

にしん

賞味期限: お届け後45日保証
漁場: 礼文
有機・無・減、ほか各種マークについて


社員のおすすめ

毎年、とっても楽しみにしているものの一つ。塩焼きにして、春ニシンならではのやわらかな食感と香りを味わう。今年はそろそろ終わりなのがさびしい(松丸)


ここが発見
  • 回遊魚のニシンは、産卵のために早春の礼文島沖に現れる、別名「春告魚」。
  • この時季に味わわないともったいない! 「礼文の春」を感じながら、旬を楽しんで。
  • シンプルな塩焼きで食べるのがおすすめ。箸が止まらなくなります。

礼文の春にしん のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 圧力鍋で甘露煮に。骨ごと柔らかく食べられました。白子と数の子の美味しさも感動でした!

  • 皆さんのレビューを見て購入。
    一匹は塩焼きに、一匹は付いてきた煮付けのレシピにしてみました。
    どちらもとっても美味しかった!
    夫も「日本酒に合う!」と喜んでくれました。
    とくに白子。私は初めて食べて感動しました。
    再度、注文します。

  • あまり魚料理はしないのですが、魚は大好きです。レビューを読んで購入。シンプルなレシピ通りに調理。丸のまま凍った大きなニシンを見て、そして包丁を入れた時の内臓などに少し後悔しかけましたが、出来上がりは絶品。柔らかく旨味のある身、臭みゼロ。三歳の娘もパクパク食べます。それでこのお値段…私のように迷っている人、買ってみてください!後悔しないと思います。私もまた買います。

  • 小ぶりなので付いくるレシピの煮付けにすることが多いです。とにかくこのサイズのせいなのか、それともこのニシンの美味しさなのかよく分かりませんが出来上がりは絶品です。今までは塩焼き一辺倒でしたが小ぶりなのでトライしたら大正解!煮つけの美味しに目から鱗でした。あのレシピは少し面倒だと思いますがアバウトにするとやはりそれなりになりますので是非レシピ通りの手順でなさる事をお薦めします。美味しいですよ!

  • 鱗をとってから塩焼きでいただきます。
    にしんってこんなに美味しいお魚だったんですね、感激です!

  • 塩焼きにしていただきましたが身がふっくらしていて
    とても美味しかったです。
    旬で貴重な魚を買えることがとても嬉しいです。
    次は煮付けにしたいです。

  • 塩焼き、美味しいです!
    最初見たときはブヨっとした感じで大丈夫かなと思いましたが、食べてびっくり。
    香ばしい脂と塩が合わさって、何とも言えない旨味が口の中に広がります。
    大きな数の子も入っていました。
    細い骨が出てきますが、小さなお子様やご高齢の方でなければ、食べにくいことはないと思います。

  • 小ぶりのにしんですがお味は新鮮でとても美味しいです。何度もリピートしています。いつもは塩焼きにしていますが今回煮魚にしてみましが同封してあったレシピ通りにして大正解!またリピート決定です。

  • 本当に身がぎっしりで張りがあり、卵もぎっしり!!
    うろこもしっかりついてますが、大切に扱われて手元に来てくれたことが伺えます。
    シンプルに塩焼きにしていただきました。
    身がうるうるしっとり、卵も食感が楽しい(^^)
    また注文したいと思います!

  • 毎年季節になると、必ず複数個注文します。身がふっくらして、脂乗りもちょうどよくてうっとりです。シンプルに塩焼きがおすすめ!白子や数の子も塩焼きにして食べます。

  • 希少な北海道産のニシンが食べれて本当に嬉しかったです。今まで食べたニシンの中で一番美味しかったです。甘めの梅干しと醤油、みりんで煮物にして食べましたがとても美味しかったです。内蔵処理がちょっと大変ですが、その価値はありました。

  • 多分、初めてのニシンでした。
    これまた塩をふって焼きました♪
    塩焼きが好きな私は大満足でした♪

  • 塩焼きにして食べましたが大変美味しかったです。しかし我が家の狭いキッチンでうろこの処理には困りました。ニシン独特の臭いにも少し閉口しました。
    届いた魚の一匹が尾から3/1位のところから大きな傷で折れかかっていて残念でした。

  • ニシン、初めて扱いましたが美味しさに感動。1度目は付いてきたレシピに沿って煮付けに。2度目は塩焼き。ニシンが大好きになりました。

  • こんなに美味しい塩焼きは久しぶり。食べ始めてから無言、他のお惣菜に手も付けず、猫が居たら悲しがるくらい一気にキレイに食べ尽くしてしまいました。皆さんの言う通り、塩焼きで正解!次回は〜?

  • この時期の楽しみになりました。今年も常備しておきたい魚です。我が家では、そのまま焼いていただいています。味わいもあり、簡単に調理できるのが、よいですね。

  • 本年初お目見えは巨大でした。歓びが大きかったです。雌雄の組あわせもうれしかった。次週が待ち遠しい春ニシンです。

  •  今までニシンは、身欠きニシンを使った「にしん蕎麦」や「昆布巻き」でしかいただいたことがありませんでした。
     生を扱うのは初めてで、同封のレシピの煮付けに挑戦。レシピ通りに煮ていましたが、やはり小骨が気になったので、そのまま圧力鍋にして7分加熱しました。照りのある飴色に煮付けることができました。
     とてもおいしそうだったので、急遽そばをゆで、大和芋をおろし、「にしんとろろ蕎麦」にしました。
     ニシンの身はふっくらほろほろ。背骨もほろほろ。「ニシン」ておいしい魚だったのですね。

  • <追記>
    袋の中に、煮つけのレシピを書いた用紙が入っていました。
    ここでは内臓はそのままですが、調理する前の魚の取り扱いが書いてあると助かりますね。

    魚の取り扱いですが、まず袋のまま流水につけて解凍します。すぐ解凍できます。
    前の晩に冷蔵庫解凍でもよいかと。
    慣れてる方はエラがパクッとあいてるところからぎざぎざのエラを引っ張っぱると
    内臓がついてくるので取り去ります。
    私は原始的にお腹に切り目をいれて内臓を取り出し流水でよく洗い
    (この時うろこもすべてとれてしまいます)
    ペ−パ−タオルでよくふきとります。
    この時かなり生くさい臭いがあるのですが、焼いてみると全くなくなりますので
    心配ありません。
    塩は若干強めでもよいですが、薄味でも美味しいです。

    皮も柔らかく美味しくいただけて、上から食べていくと小骨は自然と
    残っていくので食べ易いです。
    なんか、春のさんまって感じです。

  • ニシンの鮮魚がこのように美味しいものだと昨年初めてしりました。
    脂がのっていて、身は柔らかく、味のある魚で、関東のス−パ−では手に入りません。
    塩焼きが一番です。
    細い骨がありますが、とりずらいということはないです。
    お子様にはとってあげて是非食べさせてあげてください。
    お勧めです。

ページの先頭へ