あえてぬるめで食べる?!ティエピタサラダ

ティエピタとは?

イタリアでは古くからパスタなどでなじみのある食べ方で、温かいものと冷たいものを混ぜ合わせ、あえてぬるい状態にして食べることです。この温度は、素材本来の味を最も感じることができると言われてます。

なぜぬるめ?

夏は冷たいものを飲んだり食べたりすることが多く、からだを冷やしがち。かといって、熱々のものはちょっと…。という時にぴったりのからだにやさしいサラダです。
冷蔵庫から出した冷たいサラダに、フライパンひとつで簡単に作れるソースをかけるだけ。ボリュームもあって主役にもなれるサラダで、夏をのりきりましょう!

イタリアン

ベーコンと卵とレタスのティエピタサラダ

ベーコンと卵とレタスのティエピタサラダ
【材料(2 人分 )】
上にかける温かい具材
オリーブオイル 大さじ1、ベーコン(1㎝幅に切る)、にんにく(スライス)、卵 1個、とうもろこし 1本(なければ省略可)、A(ホワイトワインビネガー 大さじ1、塩 少々、黒こしょう 少々)
冷たいサラダ
赤玉ねぎ 1/2個(玉ねぎでもOK)、ズッキーニ 1/2本、赤色パプリカ 1/2個(なければ省略可)、クレソン 1/2束、レタス 1/4個

作り方

  1. とうもろこしは2等分にし、まな板に立てておいて実をそぎ切る。
  2. 赤玉ねぎ、パプリカはスライスにし、ズッキーニは輪切り、クレソンは3㎝程度に切り、レタスは一口大に手でちぎって皿に盛り付けておく。
  3. オリーブオイルをフライパンに熱し、ベーコン、にんにく、トウモロコシを炒める。Aを加えて味を調えたら、卵を加えてくずしながら炒め、卵が半熟程度になったら火を止める。熱いうちに2の野菜の上にかける。

ティエピタサラダ(イタリアン)メイン材料一式

※下記リンクからご購入ください。
※売り切れ、天候不良により、お取り扱いができない事がございます。

ベーコンスライス(中津)

さまざまな料理にうまみと香りが加わります

ベーコンスライス(中津)

なめらかな食感とマイルドな味わい。お子さんから大人までおすすめです。

とうもろこし

ぷちぷち食感の夏の風物詩!ゆでて、ふかしてガブッとどうぞ

とうもろこし

ゆでたりふかしたりして、とうもろこしの甘味を存分にご堪能ください。

赤玉ねぎ

きれいな色でサラダにぴったり

赤玉ねぎ

甘味と水分が多く、苦味があまりないので生食にぴったり。長期保存に向かないので早めにお召し上がりください。

ズッキーニ

味のしっかりしたおいしいズッキーニです

ズッキーニ

かぼちゃの仲間・ズッキーニはくせがなくて食べやすく、今ではすっかり夏野菜の定番。

パプリカ

肉厚で大きく、彩りもきれいなピーマン

パプリカ

大きくて肉厚。甘味がありサラダや炒めものにぴったりです。

和風

鶏とトマトのティエピタサラダ

鶏とトマトのティエピタサラダ
【材料(2 人分 )】
上にかける温かい具材
ごま油小さじ 1、鶏もも肉1枚、しょうが(千切り) 少々、A(酢大さじ 2、醤油大さじ 2、砂糖 大さじ 1/2、塩 少々)
冷たいサラダ
トマト中2個、みょうが2個、青じそ5枚、オクラ4本

作り方

  1. 鶏もも肉は2㎝幅に細長く切る。トマトはスライスにし、みょうがは縦半分に切ってから薄切りにする。オクラは斜め薄切りにする。青じそは千切りにする。トマト、オクラ、みょうが、青じそは器に盛り付けておく。
  2. フライパンにごま油を熱し、鶏もも肉を皮目を下にして入れて弱~中火でじっくりと4,5分焼き、こんがり焦げ目がついたら裏返して1,2分焼いたらしょうがを入れ、Aの調味料を加えて炒め、1のサラダにかける。

ティエピタサラダ(和風)メイン材料一式

※下記リンクからご購入ください。
※売り切れ、天候不良により、お取り扱いができない事がございます。

鶏モモ肉(まほろば)

うまみたっぷり、ほどよい脂の万能部位

鶏モモ肉(まほろば)

適度な歯ごたえがあり、ジューシーな部位。うまみがたっぷりの鶏モモ肉は、野菜や豆、きのことも好相性。

トマト

おいしさがつまってます

トマト

うま味たっぷり、サラダ゙はもちろん加熱調理もおいしい、季節を問わず、食卓を彩る野菜です。

生姜

お料理に欠かせない薬味のひとつ

生姜

カツオの刺身や天ぷらなど薬味として欠かせない生姜。すりおろしてスープや味噌汁に入れるのもおすすめです。

みょうが

爽やかな香りで薬味に欠かせない

みょうが

シャリッとした歯触りがさわやか。生のまま刻んで水にさらし、豆腐や麺の薬味にどうぞ。

青じそ

力強くさわやかな香りです

青じそ

土作りから徹底しているから、水耕栽培とは香りの高さが違います。そうめんの薬味には欠かせません。

オクラ

刻んで叩いてネバネバがおいしい!歯ごたえも良くて栄養豊富

オクラ

オクラといえば粘り。この粘り、コレステロールの吸収抑制作用もあるといわれています。

中華

ジャージャンサラダ

中華「ジャージャンサラダ」
【材料(2 人分 )】
上にかける温かい具材
豚挽き肉 150g、甘長唐辛子、A(酒 大さじ1/2、甜面醤 大さじ1/2、醤油 大さじ2、砂糖 大さじ1)
冷たいサラダ
きゅうり2本、なす2個、ミディトマト(ミニトマトでもOK)4個

作り方

  1. 甘長とうがらしは斜めに輪切りにする。きゅうりとなすは縦2等分にしてから斜め薄切り、ミディトマトは輪切りにして、お皿に並べる。
  2. フライパンを熱し、豚挽き肉を入れて中火で炒める。塊があるほうが美味しいので、あまりいじらずに両面こんがりするまで炒める。
  3. Aの調味料を加えて、さっと炒めたらすぐに甘長唐辛子を入れて火を止め、熱いうちに1の野菜の上にかける。

ティエピタサラダ(中華)メイン材料一式

※下記リンクからご購入ください。
※売り切れ、天候不良により、お取り扱いができない事がございます。

豚挽肉

いろいろな部位を混ぜたこくとうまみ

豚挽肉

いろいろな部位を混ぜて挽きました。餃子、肉団子などに。

甘長とうがらし

甘くて肉厚。ピーマンより食べやすいと評判です

甘長とうがらし

辛みは少なく、ピーマンやシシトウの仲間です。ビタミンAはかぼちゃ並み、ビタミンCはレモンの約2倍。

きゅうり

シャッキリみずみずしいきゅうり

きゅうり

パリッとみずみずしく、香り豊かな大地を守る会のきゅうり。スティックサラダや、スライスして塩もみ、自家製ピクルスもお勧めです。

なす

淡白な味わいでどんな料理にも大活躍

なす

なすは昔から、のぼせや高血圧の人が食べるとよいとされてきました。

ミニトマト(丸型他)

お弁当の彩りにいかがですか?

ミニトマト(丸型他)

コロコロとした形がかわいい丸いトマト。サラダはもちろん、パスタやスープなどあったか料理にもぜひどうぞ。

りんひろこ氏

りんひろこ氏 プロフィール

料理研究家・フードコーディネーター。
医療系専門職として勤務する中で食と健康の関係に関心を持つ。京都で学んだ懐石料理や、東洋の食養生の考えをもとにしながら、忙しい現代の女性が気軽に実践できるレシピの考案、提供を行っている。
テレビ番組出演や雑誌掲載など多数。2014年出版の「NYスタイルのジャーサラダレシピ」は6万部突破し、ジャーサラダの第一人者でもある。