香ばしく、さっぱりとした食感が美味

  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)
  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)_2
  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)_3
  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)
  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)_2
  • 新潟県産さわらタタキ(刺身用)_3

新潟県産さわらタタキ(刺身用)

冷凍

403(税抜)

80g

定期価格:360円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

一本釣りした「サゴシ」のみを使用し、香ばしいたたきに仕上げました。生と変わらない程の鮮度の良さ、もちもちとした食感が魅力で、ごはんにも酒の肴にもよく合います。カルパッチョやお茶漬けなどにしても。

生産者情報など: まえた(新潟県新潟市)
次回取扱予定: 未定
原材料:

さわら

賞味期限: お届け後30日保証
漁場: 新潟県
有機・無・減、ほか各種マークについて

なるほど台所帖

冷凍の魚介類を常温で解凍すると水分がたくさん出てきます。
うまみ成分が出てしまっているのでしょうか? おいしく食べる方法を教えてください。
(東京都 H.Aさん)

急速冷凍で全国のうまい魚が食卓に

魚介類は旬のものしか獲れませんから、どうやって獲れたてのおいしさをお届けするのかが重要です。新鮮さを維持するためには冷凍保存が欠かせませんが、以前に比べて冷凍技術はどんどん進化し、今ではほとんどが鮮度を損なわない急速冷凍になりました。ですから上手に解凍することで、全国の漁港から届く旬の味を楽しむことができます。いかにうまく解凍するかがおいしさのカギとなりますが、難しいことは何もありません。そのポイントは“温度差”です。

温度変化は少しずつ、がお約束

解凍したときに出てくる水分、ドリップの主成分は水溶性たんぱく質、つまりうまみです。室温や電子レンジなどで急激に解凍すると食材の外側だけが溶けて水分が出てしまうことに。この温度差を小さくするには氷水を使います。氷水を張ったボウルに袋ごと浸し、浮いてくるようであれば皿などで重しをして、目安は大体2時間ほど。刺身はこの方法で半解凍にして切り分け、冷蔵庫で溶けるのを待てばうまみを逃しません。干物や漬け魚もふっくらと焼き上がります。

ここがポイント
サワラの若魚「サゴシ」を一本釣りし、鮮度が良いままたたきにしました。

新潟県産さわらタタキ(刺身用) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • とろりととろけるような食感であっさりとした上品なお味で、香ばしさも有りとてもおいしかったです。

  • かなり身が柔らかかったのでやっぱりさわらは過熱調理に向いているなと感じました。娘にもしめ鯖の方が良かったと言われました。

  • 我が家では、主人が料理をしましたが、「さわらは臭いがきついので刺身に向かない」と判断して、軽く塩をしてから焼いていただきましたが、おいしいと思いました。主人の意見では、唐揚げが適しているのではないかと言うことでした。
    刺身でもおいしかったかもしれません。

ページの先頭へ