おやつにぴったりほくほく甘いさつまいも。少量規格です

  • ほくほくさつまいも・紅あずま 400G
  • ほくほくさつまいも・紅あずま 400G_2
  • ほくほくさつまいも・紅あずま 400G
  • ほくほくさつまいも・紅あずま 400G_2

ほくほくさつまいも・紅あずま 400G

冷蔵

289(税抜)

312(税込)

400g

定期会員価格:279円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

ふかしても焼いてもほくほくした食感、じっくり焼くとぐっと甘みが増してきます。油で炒めて大学芋。おやつにもぴったりです。

次回取扱予定: 未定
原材料:

さつまいも

有機・無・減、ほか各種マークについて

畑の作り手通信「茨城県行方市 堀田信宏さん」より

皆さんおいしい秋の根菜、食べてますか?さつまいもを作って40年以上、堀田信宏です。今年も「紅あずま」の出荷が始まりました!さつまいもはほっくりタイプと、ねっとりタイプがあるけど、紅あずまはほっくり!粉質でほくほくした食感は、おやつからおかずまで、いろいろな食べ方で楽しめます。繊維質が少なくて煮崩れしにくいから、料理にもうってつけ。寒さが苦手な品種だから、11月くらいまでしか食べられない、秋だけのお楽しみ。秋の醍醐味ですよ!

  • 病虫害のリスクが高くても、農薬は使いません。皆さんに安心して食べてもらいたいし、自分や家族の健康面を考えても、使わない方が気持ちの上でも安心感がありますね。

  • 味の違いは、土の違いですね。行方市の火山灰土壌はさつまいもの栽培に適した赤土に、緑肥を加えて土作りをしています。

  • 鶏モモ肉と煮込めば、紅あずまの自然な甘みに肉のうまみが合わさって、食べごたえのあるおかずになりますよ。

  • ほくほくを楽しみたい方は、もち米とあわせて“おこわ風いもごはん”がおすすめ。

お客様の声

ほくほく、ほのかに甘い紅あずまとかぼちゃとりんご、ホットケーキミックスで、レンチンケーキを作ってみました! 久しぶりだからちょっとかためになったけど、おいしくできました♪(男装の麗人さん)

ほっくりほくほく料理向き

堀田さん

茨城県行方市 堀田義明さん(左)美智子さん(右)

茨城県行方市は、さつまいもの一大産地。この時季のさつまいもといえばやはり「紅あずま」。繊維質が少なく、ほくほくした食感で料理に向くさつまいもですよ。

鶏肉とさつまいものカレー

鶏肉とさつまいものカレー
【材料(2人分)】
鶏モモ肉 200g
さつまいも 1本
玉ねぎ 1/2コ
にんにく 1片
りんご 1/2コ
カレーパウダー 大さじ2
洋風ブイヨン 1パック
ヨーグルト 大さじ5
ひとつまみ
ローレル 1枚
なたね油 適量

【作り方】

  1. 鍋に油をひき、にんにくのみじん切り、玉ねぎの千切りを炒めてほんのりきつね色になったらカレーパウダーを入れ、香りが立ったらりんごのすり下ろしを入れてペースト状になるまで炒める。
  2. 別の鍋に水800mlと塩、ローレル、一口大に切った鶏モモ肉を入れて火にかけ、5分ほどあくを取りながらゆでる。
  3. ①に②(鶏モモ肉ごと)と、一口大に切ったさつまいも、洋風ブイヨンを入れ、ふたをして中火で煮る。
  4. 具がやわらかくなったら、火を止める直前にヨーグルトを加える。

ほくほくさつまいも・紅あずま 400G のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • ほくほくのサツマイモが好きで、
    季節になるといつも買っています。

  • 茹でて食べるのから、急きょ、大地のホイップクリーム、残しておいたのを混ぜてみました。
    それだけでもおいしいのですが、翌日にスイートポテトにすることにしました。
    楽しみ〜。

  • 大きい芋がひとつ届きすぐに焼き芋にしましたが、全然美味しくなかったです、、食感はホクホクしてるけど甘みも香りもなくお味が良くない、、残念です。

  • ホクホクとした美味しさに買ってほしいと頼まれています

  • いわゆる黄色のねっとりしたサツマイモではなく、白っぽいパサパサしたサツマイモで甘みもなかったです。
    オーブンで低温でじっくり蒸し焼きにしましたが、家族にも不評でもう買わないと思います。

  • ほくほく、ほのかに甘い紅あずまとかぼちゃとりんご、ホットケーキミックスでレンチンケーキを作ってみました!
    久しぶりだから、ちょっとかためになったけど、美味しくできました(*^^*)
    写真を投稿できないのが残念です(ToT)

ページの先頭へ