上品でとろける味わいの銀ダラ

  • 銀だら切身
  • 銀だら切身_2
  • 銀だら切身
  • 銀だら切身_2

銀だら切身

冷凍

1,019(税抜)

1,101(税込)

140g(2切)

定期会員価格:983円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

脂のりが良い白身の魚・銀ダラは、その甘みのある脂のおいしさで大地を守る会でも人気の切身のひとつです。塩焼きやムニエル、フライなどどんな料理でもおいしいのですが、おすすめはやっぱり煮魚。甘辛く煮付けた銀ダラは絶妙の味で、ごはんがすすむ一品です。

生産者情報など: 魚中(東京都足立区)
次回取扱予定: 未定
原材料:

ぎんだら【カナダ】

賞味期限: 着日含め45日保証
配送に2日かかる地域(北海道·九州·沖縄·離島)、土曜·日曜お届け等の場合、保証期間が上記より数日短くなることがあります。
漁場: カナダ
有機・無・減、ほか各種マークについて

脂のりがよくうまみも豊富な人気の高い定番の魚種

  • コチュジャンを効かせてごはんがすすむ一品

  • 切身加工をする一翠の山川一紀さん

◆じつはカサゴの仲間でうまみも豊富
 今や高級魚として人気の銀ダラですが、じつはタラの仲間ではなく、カサゴ科ギンダラ目に分類される深海魚で、水のきれいな深海に生息しています。近海ものは非常に希少で流通状況も不安定なため、大地を守る会でもやむなくアラスカ海域で漁獲したものを原料として使用しています。

◆とろけるような身は脂もたっぷり
 酷寒の海域に生息しているため、脂ののりは見事というほかありません。代表的な料理は煮付け。トロっととろけそうな身はうまみも多く、人気があります。漬込み魚に使われることも多く、「銀ダラ西京漬け」などは大地を守る会でも好評をいただいている商品です。

◆召し上がり方
銀ダラのピリ辛煮
【材料(4人分)】
銀ダラ切身4切、下仁田ねぎ2本、生姜(大)1かけ、葉ねぎ適宜、
A:水・酒各1/2カップ、しょうゆ大さじ4、みりん大さじ2、コチュジャン大さじ1
【作り方】
●1 鍋にAを合わせ入れ、薄切りにした生姜を加えてひと煮立ちさせる。
●2 (1)に解凍した銀ダラを並べ入れ、煮立ったら煮汁をときどきかけながら強火で約5分煮る。
●3 下仁田ねぎを厚さ約5mmの斜め切りにし、(2)の銀ダラのまわりに並べ入れてしんなりとするまで(約3分)煮る。
●4 器に盛りつけ、長さ約5cmに切った葉ねぎを添えていただく。

銀だら切身 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • 焼いた時の風味が良かったです。

  • とても脂がのっていて 美味しいです。
    銀だらの西京漬けもとても美味しいのですが 味のついてない切り身のほうが 
    自分で味付けすることによって塩分摂取量の調整とかできるので ありがたいです。

  • 銀だらは、一度百貨店の煮魚を購入して油ギトギトで遠慮していたのですが、今回こちらを購入してみたところ身がほこほこしていて油もほどほどで美味しかったです。

  • ちょっと小さいかなと思います。

  • 50gと45gの切り身が二つ届きました。このボリュームで骨もそこそこあるし、
    コスパは決してよくないかと。残念ですが、リピートはありません。

  • 銀だらなのでお値段はそれなりですが、美味しいです!
    ご飯が進みます。

  • とろけます!!これが冷凍??と驚く美味しさです。我が家はよくタラちり鍋にしています。急ぎのときは半解凍のままお鍋にポンと入れるだけ。楽ちんで美味しくて助かります。

ページの先頭へ