【頒布会】熟成稲田米



※2016年度と2017年度の比較。

今年の秋に収穫されるお米をいったんお預かりし、6回または12回に分けてお届けするこのシステム。生産者と共に25年前に始めた取り組みは、そのおいしさゆえ今も多くの方に愛され続けています。格別な味わいの米を、ぜひ多くの方に味わっていただきたい。今年も、責任をもって米作りを始めます。

限定 6000口先着順です!
頒布会 米蔵こめぐら 熟成 稲田稲作研究会のコシヒカリ 

昨年より「備蓄米・大地恵穂」から商品名が変わりました。

大地を守る会がおすすめする理由 >詳しくはこちら

おいしさの理由

  • 天日乾燥のおいしさを「太陽熱eco乾燥システム」で実現

    一般的な稲は火力乾燥が主流。短時間での乾燥が可能ですが、風味を損ねることがあります。一方、大地を守る会の「米蔵熟成 稲田米」は、太陽の遠赤外線でお米の芯までゆっくり乾燥させます。かつて日本中で見られた田んぼの「はざ掛け」に近い天日乾燥に近い方法で、風味を損なわない昔ながらのおいしいお米に仕上がるのです。

  • 熟成を促す「もみ貯蔵」。品質の良い米だけをお届け

    一般的な米は、玄米の状態で紙袋に入れて定温倉庫で保管しますが、月日が経つと酸化・劣化が進みます。「稲田米」は、収穫前に食味検査を行い、上位ランクの米だけを“もみ付き”のまま貯蔵。もみ殻の持つ抗菌効果で、玄米を雑菌から守ります。現代に蘇った“米蔵”で安定した品質を保ちつつ、そのお米は熟成されてうまみが一層増すのです。

生産者からのお手紙

新しい名前に変わってもおいしいと喜んでいただけるよう責任をもって今年も種を蒔きます

伊藤大輔さんとご家族。3人姉妹のため、お父さんは頑張ります。

 お陰様で、このお手紙を書かせていただくのも10年目になりました。
 当初お手紙を書いてくださいとお願いをされた時、稲作を始めたばかりの私は何を書いたら良いのか……。途方に暮れたことを今でも鮮明に覚えています。今回のお手紙は、この10年間を思い返しながら、私なりの決意をお伝えさせていただければ幸いです。私は、大地を守る会と稲田稲作研究会の「大地恵穂(米蔵熟成米の旧商品名)」は一卵性双生児のような関係だと思っています。
 昨年「大地恵穂」から「米蔵熟成」へ名称が変わると聞いた時は、正直とてもさみしく思う気持ちと、新たな門出を感じさせられる不思議な気持ちになりました。
 しかし、名称が変わっても稲田稲作研究会の根っこは、どんなに苦しい時でも未来のために種を蒔き続け、食べてくださる皆さまへの責任を持って、「うまい米を作る」事であるということは変わりません。
 すでに2018年産「米蔵熟成」の種蒔きを開始しております。 今年も責任をもってうまい米をお届けできるよう、私たちメンバー一丸となって頑張ってまいりますので、よろしくお願いします。

2018年4月下旬 稲田稲作研究会 伊藤大輔

米蔵熟成稲田米 ほかほかのファンレター

会員の声「稲田のお米はおいしいなぁ、ごはんでごはんが食べられる」といつも思います。香り、ツヤ、甘み、食感、噛みしめていると“奥にもっと味のする”ような、おいしいお米を本当にありがとうございます。(K.Mさん)

会員の声他のお米が食べられなくなるほどおいしいです。息子たちも「うちのごはんが一番おいしい」と言っています。(小林正江さん)

おいしく炊くコツ

一回めの米研ぎでは、水をすぐに捨てましょう


お米はちょっとした手順を踏むだけで、ぐっとおいしくなります。まず研ぎ方ですが、ボウルにお米を入れたら一気に水を入れて「すぐに」捨てましょう。「すぐに捨てる」のは、お米が水を大変吸いやすく、汚れ(お米に付着していたゴミやぬか)が浮き出た水を吸い込むのを防ぐためです。捨てたら新しい水を入れ、やさしく押しながら洗うようにお米を研ぎましょう。これを2~3回繰り返した後はざるに上げ、30分ほどそのままにします。

おいしい水を使う、しっかり蒸す&かき混ぜる


30分経ったらしっかりと水を切り、再びボウルに水を張ってお米を1時間ほど浸します。ごはんのおいしさは水によって大きく変わるので、活水器などを通した水を使うのがおすすめです。炊飯器で炊いたら、10~15分蒸らして釜の底からお米を起こすようにかき混ぜます。こうすると余分な水分が飛び、かたさが均一になったおいしいごはんに。また土鍋を使えば、お米が対流するので、お米の粒が立ち、お米の味を存分に楽しめますよ。

商品一覧



ご注文について

ご注文受付期間
No.121(5/21週お届け分)~No.146(11/12週お届け分)でご注文ください。

お届け単位
1回5kgです。お一人様、何口でもご予約いただけます。

お支払い
お届け週にご請求となります。

お届方法
通常のご注文商品と一緒にお届け。送料お得便の方には自社便で、日時ご指定便の方にはヤマト宅急便で他の商品と一緒にお届けします。

お届け期間
2018年11月下旬~2019年9月中旬 

お届けスケジュール 

お届けは6回と12回の2コースからお選びください

  • [12回コース]
     お届け週
    2018年
    第1回11/19(月)~11/25(日)【147号】
    第2回12/17(月)~12/23(日)【151号】
    2019年
    第3回1/14(月)~1/20(日)【103号】
    第4回2/11(月)~2/17(日)【107号】
    第5回3/11(月)~3/17(日)【111号】
    第6回4/8(月)~4/14(日)【115号】
    第7回5/6(月)~5/12(日)【119号】
    第8回5/27(月)~6/2(日)【122号】
    第9回6/24(月)~6/30(日)【126号】
    第10回7/22(月)~7/28(日)【130号】
    第11回8/19(月)~8/25(日)【134号】
    第12回9/16(月)~9/22(日)【138号】
  • [6回コース]
     お届け週
    2018年
    第1回12/3(月)~12/9(日)【149号】
    2019年
    第2回1/28(月)~2/3(日)【105号】
    第3回3/25(月)~3/31(日)【113号】
    第4回5/20(月)~5/26(日)【121号】
    第5回7/15(月)~7/21(日)【129号】
    第6回9/9(月)~9/15(日)【137号】

    ※12回コースは月1回、6回コースは2カ月に1回お届けが目安です。
    ※精米は、白米、胚芽米、玄米いずれかのコースを選べます。

ご注意
  • 配送お休みのご連絡がないと本商品だけが届きますので、ご注意ください。その場合も送料はかかります。
ページの先頭へ