【予約】土用の丑の日・うなぎ 

土用の丑の日 うなぎ

暑い夏を過ごすための「日本の食文化」土用の丑の日
滋味あふれるうなぎを食べて、元気をいただきましょう。
国産ならではの、ふっくら香ばしいうなぎを召し上がれ

大地を守る会のうなぎはここが違う!
  • 加工法

    加熱水蒸気をあてる2度蒸し加工で、ふっくら関東風に仕上げた薩摩川内うなぎ。

  • 育て方

    四万十うなぎの生産者・加持養鰻場。広々した池で、密飼いしないことで病気を防ぎ、抗生物質などの薬剤使用も防ぎます。

  • 未来へ
  • 食べてうなぎを応援する!「ささエールうなぎ基金」

    大地を守る会では、うなぎの資源保護、回復を目的に「ささエールうなぎ基金」を2015年より開始しました。
    うなぎ商品のお買い上げ代金の一部を「ささエールうなぎ基金」として積み立て、集まった基金は、うなぎの放流、うなぎの餌となるエビ、カニ、小魚、及び放流したうなぎのすみかになる「石倉かご」設置に使用されます。

産地限定うなぎと特製だれをセットでお届け‼
  • 大地を守る会のうなぎは、鹿児島県薩摩川内と、高知県四万十のうなぎの2種類。いずれも水質の良さで知られ、天然に近い味を求めて産地を限定しました。どちらのうなぎも稚魚から出荷までの飼育履歴が明らか。抗生物質などの薬剤投与も基本 的に行いません。また、添付のたれも化学調味料は使わず、国産丸大豆醤油や「味の母(発酵調味料)」、「洗双糖(砂糖)」など、おなじみの調味料を基本に、風味豊かに仕上げました。土用の丑の日だからこそ、安心でおいしい、滋味あふれるうなぎを お召し上がりください。

表示:
表示:
ページの先頭へ