赤身の牛肉で、うまみたっぷり

  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)
  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)_2
  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)_3
  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)
  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)_2
  • 短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)_3

短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用)

冷蔵

1,370(税抜)

180g

定期価格:1,223円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

ごく弱火で2〜3時間煮込めばほろりとやわらか。カレーやポトフ、スープ煮に。

生産者情報など: 山形村短角牛肥育部会(岩手県久慈市)
次回取扱予定: 7月8日お届け週
原材料:

牛肉

消費期限: お届け後2日保証
アレルゲン情報: 牛肉
サイズ: 25〜35mm角
有機・無・減、ほか各種マークについて

漬けたり煮たり「ワイン」で作る大人の一皿

牛スネ肉の赤ワイン煮

牛スネ肉の赤ワイン煮
【材料】(2人分)
牛スネ肉 180g
大根 10cm
赤ワイン 100ml
醤油 大さじ2
3つまみ
デミグラスソース 1片
きび粗糖 大さじ1
なたね油 適量

【作り方】

  1. 牛スネ肉は一口大に切って塩を振っておき、大根は2cm幅に切ってさらに半分に切る。
  2. 鍋になたね油をひいて、牛スネ肉と大根を焼き、しっかり焼き色が付いたら、赤ワイン、水150ccを入れる。
  3. 沸騰したら弱火にしてあくを取りながら牛スネ肉と大根がやわらかくなるまで煮る。
    醤油、きび粗糖を入れ、味をしみ込ませ、最後にデミグラスソースを加えて溶かす。

※大根は最初に鍋でしっかり焼き色を付けるのがポイント。味が入りやすくなります。

遠田 かよこさん

赤ワインは飲むだけでなく料理に活用すると、また一味違って華やかな趣になります。たとえばみかんやりんごを漬け込んだり、牛肉を煮たり。冬の体に取り入れたいシナモンやこしょうなどスパイスとの相性も良いので、一緒に楽しむとほっこり温まる献立になります。
一びん飲みきれなくて余ってしまった。そんなワインを活用しましょう。

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。


山形村短角牛のおいしさは、アミノ酸たっぷりだから

ローストビーフ

短角牛は、松坂牛などの銘柄牛で知られる黒毛和牛と同じ、在来の和牛種。黒毛和牛が細かい脂肪が入った「霜降り」であるのに対し、短角牛は赤身が主体の牛肉です。赤身が主体となるのは放牧により運動を欠かさず健康的に育てられた証。ではいったいどちらがおいしいのか? 実は旨みのバロメーターとされるアミノ酸は、短角牛の方が多く含まれています。かむごとにじゅわっと広がる奥深いおいしさを堪能できます。

短角牛と黒毛和牛の遊離アミノ酸含有量の比較

グラフ

アラニン、グリシン、セリン、スレオニンは甘く、バリン、ロイシンは苦く、グルタミン酸はうまいアミノ酸といわれています。これらが複合しておいしい牛肉の味が生まれます。

参考:東北農業研究センター

春から秋にかけて放牧 冬は牛舎で牛飼いが大切に育てます。生産ストーリーを知って食べたい『幻の短角牛』

 昔からいわて久慈短角牛は「夏山冬里形式(夏は山で放牧、冬は牛舎で過ごす)」で飼育されていました。子牛は、生後約2カ月から山に上がり、5~11月は母乳と草で成長します。この時期、丈夫な骨や筋肉を作ることにより、旨みの濃い赤身の肉質のベースを作ります。
 その後は、牛飼いたちによって、牛舎で大切に育てられます。その際、牛飼い自らが育てた“トウモロコシ”や、遺伝子組み換えの心配のない穀物飼料を食べて育つのが、山形村短角牛です。

短角牛スネ煮込用(カレー・シチュー用) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • ビーフシチューに利用しましたが、柔らかくお味も良いです♫
    他の方もご記入の様に、塊肉だと好きな大きさにカット出来て良いですね。
    今後の販売方法に期待します(^_-)-☆

  • 本当に、おいしいです。
    大人二人、小学生一人の我が家ですが、あまりのおいしさに、シチューにするときもカレーにするときも1パックでは取り合いになるので(笑)2パック買っています。

  • お正月におせちに飽きた頃、ビーフシチューでも作りましょ、と思って買いました。以前は圧力鍋で作っていましたが、圧力鍋が壊れてシャトルシェフで作ってみたら、肉がちょうど良く柔らかくできたので、それ以来、お昼ご飯の後片付けの時に、シャトルシェフに仕込んでおいて、夕方に仕上げ、手間もかからず、お気に入りの献立です。エミ

  • 圧力鍋で煮込むと筋の部分がプルプルになって美味しい。いつも2パックくらい使わないと物足りないので徳用サイズが販売されたら嬉しいです。

  • 今回はビーフカレーを作りました。圧力鍋で15分ほど加熱し自然冷却させます。これで、お肉はほろりとほぐれる柔らかさ。あとは野菜を投入して柔らかく煮、カレールウを入れれば旨味たっぷりのビーフカレーです。ルウをシチュー用に変えれば美味しいビーフシチューに!!もう他のお肉では飽き足らなくなりました。

  • マリネにするために購入。生姜やネギと圧力鍋で柔らかく茹でたものを小さく裂いて、自家製玉ねぎドレッシングとパセリのみじん切りをたっぷり混ぜて一晩置きました。冷蔵庫で数日は保存できるので、来客時に良く作ります。柔らかくなおかつ歯ごたえがあり、すね肉の旨みとドレッシングの味を楽しむことができます。圧力鍋に残った茹で汁は漉してスープに使うと美味しいスープになります。

  • ウイーン料理のターフェルシュピッツを作りたくて注文。肉とセロリと玉ねぎ人参などに胡椒少々と水を全部がかぶるまで入れ、煮込むだけ。牛すね肉とセロリがとろとろになるまで煮込み、もう本当においしかったです。

  • 牛肉はお腹壊すのであまり買いませんが、今回はクリスマスのビーフシチュー用に購入。ルーはオラッチェのデミグラスソースで。圧力鍋でほろほろ、旨味しっかりのビーフシチューになりました♪

  • カレーでいただきました
    また注文したいと思います

  • 短角牛スネ肉はスープが美味しく、又柔らかく煮ておけば、バリエーション豊かに使え便利です。

  • 塩胡椒をして一晩置きます。
    圧力鍋で5分ほどで煮てからシチューにしたら、
    ほろほろと口の中でとろける肉がたまらなくて
    また、注文してしまいました。

  • いつも重宝しています。我が家のカレーの必需品です。

  • 毎年 大みそかには これでビーフシチューを作ります。
    毎年、絶品の仕上がりで 大満足です。

  • 圧力鍋で、ビーフシチューやカレーにすると、子どもたちの反応が違います。今日はいいお肉だ!と、あっというまになくなります。

  • ごろっと贅沢なサイズです!臭みが無くて、さっぱりした中にぎゅっと美味しさが詰まっていました。野菜と一緒に炒めて、塩だけの味付けでもとても美味しかったです。