種子島のサトウキビが原料です

  • 大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖)
  • 大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖)_2
  • 大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖)
  • 大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖)_2

大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖)

3ポイント

547(税抜)

1kg

定期価格:488円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

限定 4,173

鹿児島県種子島でサトウキビから作った精製度の低い砂糖です。

生産者情報など: フルーツバスケット[新光糖業](鹿児島県中種子町)
次回取扱予定: 6月4日お届け週
原材料:

さとうきび

有機・無・減の表示について

なるほど台所帖

「『大地を守る会の砂糖』と一般的に売られている上白糖の違いは?」「大地を守る会の砂糖は上白糖と同じように使えますか?」今回は、砂糖にまつわる疑問にお答えします。

栄養が残り、こくのあるきび糖

「大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖・喜界島育ちのさとうきび粗糖)」は、サトウキビの搾り汁からゴミを取り除いて煮詰めて液晶化した後、表面についた不純物を取り除いたものです。一方、上白糖はきび糖をさらに精製し、糖分以外の栄養や不純物を取り除いたもの。きび糖にはサトウキビのミネラルが残っているためこくがあります。上白糖にはミネラルはほとんど含まれず、舌ざわりは軽やかでくせのない風味です。

料理をおいしく仕上げたいときは、きび糖の出番!

きび糖は上白糖と同じように料理やお菓子作り、コーヒー、紅茶に入れるなど幅広く活用できます。特に煮物などでこくを出したいときには、きび糖を使うと一層おいしく仕上がりますよ。メレンゲなどのお菓子作りでは、きび糖をある程度溶かした方が仕上がりの良い場合があります。砂糖は、温度や湿気の変化を繰り返すとかたまったり、においがつきやすくなったりするので、密閉できる容器に移し替えて保存してくださいね。

ここが違う
  • 鹿児島県種子島のサトウキビだけで作りました
  • 上白糖に比べてミネラルが豊富です
  • サトウキビ本来の風味が料理の味を引き立てます

商品名を「洗双糖」から変更し、新パッケージでお届け

鹿児島県種子島で、サトウキビから作った砂糖です。精製度が低いので、上白糖では除かれるミネラル(カルシウム・マグネシウム・カリウム)が含まれ、甘い蜜の香りが料理の味を引き立てます。さまざまな国のさとうきびが原料となる一般品と違い、トレーサビリティも万全。料理の他、お菓子作りやコーヒーなどの飲み物にもおすすめです。

ミネラルが豊富で風味も豊か、洗双糖の風味を生かしてお料理に

  • 調理例

    煮ものに使うとこくが出ます。気になる場合はアクを取って

  • 調理例

    パウンドケーキなどのお菓子作りにも

利用者の声

「大地を守る会の砂糖(喜界島限定きび糖)」と迷いに迷った「大地を守る会の砂糖(洗双糖)」。どう違うのかネットで調べたりしましたが、「大地を守る会の砂糖(喜界島限定きび糖)」の方が粗い作りで、「大地を守る会の砂糖(洗双糖)」の方が繊細なものらしという結論で……。「大地を守る会の砂糖(洗双糖)」を購入。届いてみてキラキラとキレイ! そしていい香り! 秋野菜の筑前煮が風味豊かにおいしく仕上がりました。(A.O)

大地を守る会の砂糖(種子島育ちのさとうきび粗糖) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 新商品名が別の商品と似ていて紛らわしい場合、
    ネット上ではしばらくの間、旧商品名も併記して欲しいです。

  • コクのある甘味のわりには癖がなく、料理とお菓子作り(特にパウンドケーキ等の焼き菓子系)に大活躍しています。

  • てんさい糖と使い分けています。料理にコクが出るのは一緒。洗双糖は甘みがはっきりしているので煮ものよりは、炒め物に向いている気がします。てんさい糖はお菓子には合わない香りがしますが、洗双糖はクセがなく使いやすいです。甘い分使用料は控えめにしています。

  • 私も皆さんと同じで、今は砂糖は全てこれです。バナナジュースや、フレンチトーストの最後に振る砂糖はこれでなくてはあの甘みは出せません。料理は余り得意ではありませんが、この砂糖に大分助けられています。ありがとうございます。

  • くせがない甘みで気に入っています。

  • こくがあるけれど、甘さはさっぱりしています。
    白い砂糖を絶って1年くらいになりますが、すべてこれでやっています。
    調味料の大切さをもっと若い頃からしるべきだったと反省しているこのごろです。

  • シフォンケーキやプリンをつくったり、パンを焼いたり、うちのお砂糖は基本この茶色い洗双糖です。お菓子作りにも使えて重宝してます。お子どもたちが小さいころ、白いのが塩、茶色が砂糖と覚えてました。

  • 白い砂糖を使わなくなって数か月。和食にもあいますが、ゼリーなどのお菓子作りにも使うと美味しくなります。

  • お菓子やパンも、勿論お料理も、お砂糖が違うだけで断然美味しく出来上がります。

  • 結構少量で甘いです。お菓子を作ることが多いので、安心で助かります。煮物を作るときは白砂糖より少なめに入れるといいです。

  • この砂糖を使うと料理にコクがでて美味しくなります。