一番搾りのサラダ油

  • 米澤製油のなたねサラダ油
  • 米澤製油のなたねサラダ油_2
  • 米澤製油のなたねサラダ油
  • 米澤製油のなたねサラダ油_2

米澤製油のなたねサラダ油

1,543(税抜)

1400g

定期価格:1,378円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

遺伝子組み換えの心配のないなたねを圧搾法で搾った、一番搾りサラダ油です。

生産者情報など: 米澤製油(埼玉県熊谷市)
次回取扱予定: 9月2日お届け週
原材料:

なたね【オーストラリア】

有機・無・減、ほか各種マークについて

なるほど台所帖

大地を守る会で扱っているなたね油は、一般品とどこが違うのですか? (E.Sさん)

なたね油と化学薬品

安価な植物性油は石油系溶剤を使用した搾油方法が一般的です。さらにはこの溶剤を蒸発させるため、高温で加熱するという工程が必要になり、風味劣化の原因となっています。大地を守る会のなたね油は圧搾法で搾った、昔ながらの「何も混ぜない」油です。また、油の原料となるなたねも、遺伝子組み換えの心配のないもの。輸入原料は産地を指定し、栽培・流通の各段階で分別していることを確認しています。希少な国産のなたね油も取りそろえています。

誇るべき日本の、おいしいオイル

こうしてていねいに作られたなたね油は、アブラナ(菜の花)の香り高く、こくがあるのが特徴です。特に国産なたね油は香りも強く、パンにつけたりドレッシングにしたり、そのまま味わうのがおすすめです。また、普段使いには、なたねサラダ油が便利。サラッとして揚げものも軽く仕上がり、くせがないのでお菓子作りにも活用できます。イタリアンでオリーブオイルを楽しむように、毎日の食卓でなたね油の香りや風味を使い分けてみてはいかがでしょうか。

【ここがポイント】
非遺伝子組み換えの菜種を、化学合成薬品を使わず搾油。添加物も不使用でサラッとしていると人気です。

ここが違う
  • 非遺伝子組み換えのなたねのみを使用
  • 溶剤を使用しない圧搾法のみで搾油。化学合成薬品を使わない「湯洗い製法」で自然な風味に
  • 余分な熱をかけず、添加物も不使用なので、「胃にやさしい」サラダ油に

米澤製油のなたねサラダ油 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • この油と大地の卵でマヨネーズを作ったら、とってもクリーミーで美味しいものが出来ました。油が全然しつこくない!シフォンケーキもふんわり美味しかったです。
    入れ物が使いにくいので、ボトルに入れ替えて使っています。

  • この油で料理を作ると美味しくできます。身体に入れても重くないというか、、。いい油なんだなと感じます。この時期牡蠣のオイル漬けをよく作りますが、この油を使ったものと別なオイルを使ったものを比べたら味が違いました。今は製油会社も少なくなっているとのことですが、これからも使い続けたいと思います。