化学調味料やカラメル色素などを使わず、 素材の色や風味を生かした味わいが人気

  • カレールウ(辛口)
  • カレールウ(辛口)_2
  • カレールウ(辛口)_3
  • カレールウ(辛口)
  • カレールウ(辛口)_2
  • カレールウ(辛口)_3

カレールウ(辛口)

603(税抜)

115g×2パック

定期価格:538円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

限定 160

みのり醤油、仙台黒豚会の豚骨、まほろばライブファームの鶏ガラなどを煮出した濃縮スープと、鹿児島県奄美大島産の粉末うこんや国産りんごピューレ、独自に配合した香辛料などの食材を、大釜で3時間以上煮込んで仕上げました。化学調味料やカラメル色素などを使わず、 素材の色や風味を生かした味わいが人気です。カレー粉を増量した辛口仕上げ。1パック約6人前。

生産者情報など: 大味研(鳥取県境港市)
次回取扱予定: 10月30日お届け週
原材料:

小麦粉(小麦)、パーム油(あぶらやし【マレーシア・インドネシア】)、砂糖(さとうきび)、食塩(天日塩【メキシコ】、粗製海水塩化マグネシウム[にがり])、カレー粉(ターメリック、ちんぴ【アジア諸国】、クミン【*】、コリアンダー【*】、とうがらし【中国】、フェンネル【アジア諸国】、フェヌグリーク【インド】、ナツメグ【インドネシア】、シナモン【アジア諸国】、クローブ【アフリカ諸国】、こしょう【東南アジア諸国】、カルダモン【*】、キャラウェイ【*】、セロリシード【インド】、メース【インドネシア】)、ポークエキス(豚骨、食塩(天日塩【オーストラリア】、粗製海水塩化マグネシウム[にがり]【オーストラリア】))、トマトペースト(トマト【アメリカ】)、りんごピューレ(りんご)、しょうゆ(大豆、小麦、食塩(海水【メキシコ】))、マサラ(ターメリック、コリアンダー【カナダ・モロッコ】、クミン【イラン】、カルダモン【グアテマラ】、シナモン【中国】、ナツメグ【インドネシア】、フェンネル【中国】、ローレル【トルコ】、クローブ【マダガスカル】)、チキンエキス(鶏骨、食塩(天日塩【オーストラリア】、粗製海水塩化マグネシウム[にがり]【オーストラリア】))、オイスターソース(かきエキス(かき、食塩【*】、砂糖【ブラジル】)、かきエキス(かき、食塩)、砂糖(さとうきび)、しょうゆ(大豆、小麦、食塩【オーストラリア】)、食塩(天日塩【メキシコ・オーストラリア】、海水)、本みりん(みりん、米しょうちゅう)、馬鈴しょでん粉(じゃがいも)、魚醤(いか、食塩【*】)、レモン)、ワイン(ぶどう)、ウスターソース(たまねぎ、トマト、みかん、にんにく、にんじん、米酢、砂糖、糖蜜、食塩、香辛料【*】)、赤とうがらし【中国】、黒こしょう【マレーシア】、なたね油(なたね【オーストラリア】)

アレルゲン情報: 小麦・大豆・いか・鶏肉・豚肉・りんご

安心とおいしいをギュッと凝縮 カレールウの話

  • いつものカレーがひと味変わります。

  • 様々な料理にアレンジできるのもカレーの魅力。カレーうどんはいかが?

  • こんな鉄釜で攪拌、煮込んでいます。ほとんど手作りのカレールウも珍しい。

◆素性のわかる「食べもの」だけで作っています
 上にずらりと並んでいる原材料を見てください。すべて調味料や香辛料などの「食べもの」です。一般のルウのほとんどに入っている香料や色素、乳化剤、化学調味料などは使いません。

◆原材料の質を安全性と味わいの両面から追求
たとえば「チキンエキス」。原材料は、大地を守る会の鶏肉生産者・まほろばライブファームの鶏ガラと塩だけ。業務用圧力釜で一昼夜煮出した、ぷるぷるのゼラチン質がたっぷりの鶏ガラスープです。抗生物質などは無投薬で、飼料や飼育履歴も詳しくわかります。一般に使われるチキンエキスに、ここまでのものはありません。

◆一般品の倍以上の時間をかけてことこと煮込む
大味研の使う原材料のうち、香辛料と小麦粉以外は固形や液状のものばかり。粉末状のものよりも生に近く、風味を保っているのだとか。そんな原材料を大釜で3時間以上煮込めば、いよいよルウの完成。この加工時間にも一般品の倍以上をかけています。

◆一般品の原材料の一例
牛脂、豚脂、小麦粉、カレー粉、ソテー・ド・オニオン、砂糖、食塩、でんぷん、フォン・ド・ボーソース、乳糖、バナナ、ソースパウダー、ミルクパウダー、フライドオニオンペースト、バターオイル、マッシュルームペースト、リンゴパウダー、香辛料、チキンブイヨン、ぶどう糖、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、香料

カレールウ(辛口) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 胃もたれしないので、すごく気に入ってます。1回目は定番野菜と豚肉で作ったら少し物足りなく感じましたので、2回め、野菜ブイヨンで煮込んだら、とても美味しくできました。旨みが足りないと感じる場合、パッケージに書いてあるミルクもいいですが、香味野菜もオススメです。

  • 自分でカレー粉を調合して作っていますが、豚や牛を使った時は少しコクを出したいので、これを1〜2ブロックほど投入します。すると、とても深みが出て美味しいです。

  • 美味しかったです!ピリっと感はあるけれど、辛すぎないです。市販のルウが嫌で自分で作っていましたが、母が作ってくれたような、土曜日みたいなカレーが食べたくて。
    ミルク以外は全部大地の物で、野菜、シーフードミックス、ちぢみほうれん草にゴーダチーズを入れて。本格も良いけれど、この感じも時々食べたい!ほんと美味しかったです。

  • 昔食べた黄色いカレーの味。
    スパイスも旨味も あって美味。
    とてもオススメです。

  • これで作ったカレーを食べちゃうと市販のルーには戻れません。
    市販のルーがギトギトに感じてしまいます。

  • 余分なものが入っていないので、安心して使えます。味も美味しいです。

  • 手作りな味わい、美味しかったです。中学生くらいからは、このくらいの辛さがいいのでは?市販のいかにもカレーのような茶色ではなくて少し薄い色あいでした。

  • このカレーが大好き!我が家は辛口が好きなのでお肉を炒めるときに、大地のカレーパウダーをたっぷり入れて大辛にしています!飴色玉ねぎをがんばれば、かなり本格的なカレーになります!