輸入品とは甘さ、ジューシーさがまるで違います

  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ
  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ_2
  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ_3
  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ
  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ_2
  • 沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ_3

沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ

冷蔵

1,120(税抜)

1コ

定期価格:1,000円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

真ん中の芯まで食べられる柔らかさと、ちぎって食べられる珍しさ。貴重な国産パイナップルをご賞味ください。

次回取扱予定: 未定
原材料:

パイナップル

  • ※サイズは700g〜1kg・価格は1,382円〜1,728円(税込)の間でお届けします。サイズのご指定はできません。
有機・無・減、ほか各種マークについて

畑の作り手通信「沖縄県石垣市 真南風の会 平安名 貞市さん」より

平安名 貞市です。沖縄県の石垣島でパイナップルを育てています。
国産のパイナップルは 自給率がわずか5%。(※) 八重山諸島のような酸性の赤土の土地を好み、収穫までに2年もかかります。
採れるのは1株1玉。栽培は大変ですがその分、おもしろくて、おいしいからやめられません!
おすすめは、ボゴール。手でちぎれるほど芯までやわらか。果肉を余すところなく食べられます。

パイナップルは収穫のあと熟しませんので、完熟を見極めて収穫しています。届いたときが食べ時!甘さがいっぱい詰まっていますよ。
※農林水産省2015年「特産果樹生産動態等調査」「作物統計調査」と 2015年「農林水産物輸出入統計」より算出。

  • 平安名貞市さん

    父の代から続く大切な畑。子どものころは父の手伝いをしにこの畑に出ていました。

  • パイナップルの天敵は雑草

    パイナップルの天敵は雑草と、台風。暑い石垣島では草取りは重労働!

  • ボゴール

    これぞパイナップル!黄色い果肉と甘い香り

利用者の声

甘さがあり、程よい酸味ですぐにファンになりました。縦に4つに切るとちぎって食べやすいし、無駄なく食べられます。(ゴンタさん)

八重山のスナックパイン(ボゴール)を使ったレシピ

パイナップルときゅうり、エビのマリネ

パイナップルときゅうり、エビのマリネ

熟れたての果汁ぎっしり。「完熟」こそが、本物の味わい。

【材料】(2人分)
エビ(むきみ) 6尾
パイナップル 1/4コ
きゅうり 1本
少々
ブラックペッパー 適量
マリネ液 りんご酢(大さじ2)
レモン汁(大さじ1)
砂糖(大さじ1)
オリーブオイル(大さじ3)

【作り方】

  1. パイナップルは一口大に切る。きゅうりはピーラーで皮を縞状にむき、縦半分に切って種をこそげ取り、乱切りにする。
  2. エビは塩少々を加えた熱湯でゆでてざるに取る。
  3. ボウルにマリネ液の材料を混ぜ合わせ、①と②を入れてよく混ぜ、密閉容器に入れて冷蔵庫へ。
  4. 半日~1日で食べごろ。器に盛り付け、ブラックペッパーを振る。

【メモ】

パイナップルの香りが他の素材を一つにまとめてくれます。きゅうりは水っぽくなるので、種を取り除きましょう。


厚切りベーコンとパイナップルのソテー

厚切りベーコンとパイナップルのソテー

しっかり火を通して美味

【材料】(2人分)
パイナップル 1/2コ
厚切りベーコン 100g
オリーブオイル 大さじ1/2
醬油 大さじ1/2
一味唐辛子 少々

【作り方】

ベーコン(1cm厚)をじっくり炒め(油が多い場合は拭き取る)、こんがりとしてきたらパイナップル(一口大)を加え、表面がやわらかくなったら、醬油を絡め一味唐辛子を振る。


パイナップルと人参のラペサラダ

パイナップルと人参のラペサラダ

芯が主役のカラフルラペ

【材料】(2人分)
パイナップル(ボゴール)の芯 1/2本分
人参 1本
レモン汁 1/2コ分
または酢大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
少々

【作り方】

パイナップルの芯と人参は、マッチ棒サイズの細切りに。人参に塩を振って10分ほどおき、少ししんなりしたら水気を切る。
ボウルにレモン汁とオリーブオイルを混ぜ、パイナップルと人参を和え半日~1日で食べごろ。

まるでお菓子感覚! ちぎって食べるパイナップル!

甘みが強く酸味が少ないのでお子様も食べやすいパイナップルです。食べる時は、葉とお尻の部分を切り落とし、ひと節ずつ手でちぎってお召し上がりください。お菓子感覚で食べられるため、食べるのが楽しくなります。
お尻の方が甘いため、葉が付いていた上部から食べ始めると、最後まで甘さが楽しめオススメです!

肥料の使い方や収穫のタイミングがおいしさの秘訣

1株から1玉しかならない上、苗から収穫まで約2年もかかるパイナップル。生産者の平安名(へんな)貞市さんは、その長い間も味を第一に考えながら栽培しています。「生食用だから、肥料をあげて大きく育てるだけではダメだし、収穫時期も大事。パイナップルは追熟するものじゃないから、収穫のタイミングがおいしさを決めるんだよ」と、今日採るべきか、明日の方がいいかと考えながら、毎日パイナップルの状態を見て回っています。

  • 平安名貞市さん

    平安名(へんな)貞市さん

  • 池村英勝さん

    池村英勝さん

沖縄八重山の芯まで柔らかボゴールパイン 1コ のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 手でちぎって食べるというのが、ホント楽しいです!お友だちとワイワイと食べてたら、手が止まりません。毎年必ず買ってまーす。