風味が違います!貴重な国産本シシャモ

  • 北海道産本ししゃも(メス)
  • 北海道産本ししゃも(メス)_2
  • 北海道産本ししゃも(メス)_3
  • 北海道産本ししゃも(メス)_4
  • 北海道産本ししゃも(メス)_5
  • 北海道産本ししゃも(メス)
  • 北海道産本ししゃも(メス)_2
  • 北海道産本ししゃも(メス)_3
  • 北海道産本ししゃも(メス)_4
  • 北海道産本ししゃも(メス)_5

北海道産本ししゃも(メス)

冷凍

963(税抜)

10尾

定期価格:860円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

貴重な国産本シシャモです。かむ程に出る豊富なうまみが特徴です。そのまま焼いたり、フライにしてどうぞ。

生産者情報など: 札幌中一(北海道札幌市)
次回取扱予定: 4月8日お届け週
原材料:

シシャモ

賞味期限: お届け後45日保証
漁場: 北海道
有機・無・減、ほか各種マークについて

カペリンではなく、本物のシシャモです!

  • 風味が良い北海道産のシシャモ。ほろほろのやわらかい身質なので、焼くときはフライパンがおすすめです。

◆本物のシシャモをどうぞ!
 一般にスーパーの店頭や居酒屋などでシシャモとされているのは、カペリン(サケ目キュウリウオ科マロータス属)です。別名カラフトシシャモとも呼ばれますが、シシャモ(サケ目キュウリウオ科シシャモ属)とは別の魚です。カペリンは太平洋と大西洋の高緯度の海域に広く分布し、アイスランド、ノルウェー、カナダなどから、年間約20万トンと日本に大量に輸入されています。大ぶりで見た目や食感がシシャモに似ており、何よりも価格が安いので、シシャモの代用品として売られています。多くの方はそれを知らずに、カペリンをシシャモとして食べているわけです。

◆柳葉魚?
 シシャモは漢字では「柳葉魚」と書き、アイヌ語のシュシュハム(柳の葉)に由来すると言われています。カペリンと違い、分布域がとても狭く、北海道の太平洋岸だけにしか生息しない日本の固有種です。繊細でやわらかな口あたりと、年間約1,000トンという漁獲量の少なさから、希少魚としてもてはやされています。

◆大地を守る会のシシャモ
 大地を守る会で扱っているシシャモは、(オス)(メス)とも、十勝川や沙流川をそ上する前に河口近くで水揚げされた本物です。外観や食感は似ていても、カペリンとは比べものにならないおいしさですので、ぜひ一度お試しください。シシャモに対する価値観が変ること間違いなしです!

北海道産本ししゃも(メス) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 味が濃くて美味しかったです。食べ比べようと思ってカペリンも一緒に焼いて食べました。大失敗です。本ししゃもと比べてしまうとカペリンがひどく生臭く感じて食べられたものじゃない。もう安価でお手軽なカペリンには戻れそうにありません。本ししゃもは本当に上品な旨味があって値段が高く小さいことが残念でなりません。昔食べたことはなかったのですが北海道で見た本ししゃもはもっと大きかったように思うのですがどうなのでしょう。でも小さい方が柔らかくて食べやすいように思います。

  • オーブントースターで焼いただけで美味しかったです。
    が、やっぱりお値段が高い、、、。

  • おうち飲み会で友人と食べました。ものすごく美味しくて、友人ともりもり食べて一瞬で無くなってしまいました。スーパーなどの「ししゃも」より皮や骨が食べやすく、雑味がない感じです。

  • ししゃもはなかなか買えなかったりするので(説明にあるようにカンペリのことが多い)、大地で注文することにしています。
    下に敷いてある繊維シートをうまく外せず、繊維がししゃもに残ることがあるのが、難点です。

  • 内臓の苦みや雑味などを苦手に思っていましたが、こちらのシシャモは美味しく食べることができてお気に入りです。

  • 美味しいです。

  • ししゃもはいつも大地宅配で注文しています。おいしくて安心なので。

  • フライパンにクッキングシートを敷いて焼きました。身はふっくらと、油ものっていて、とてもやわらかいです。塩気がマイルドで、骨もなく、食べやすいです。私は魚卵が苦手なので、卵の存在があまり感じられなかった点もよかったです。