あのシミさえなければ…という服、眠ってませんか?

  • 石けん百貨 染み抜き剤
  • 石けん百貨 染み抜き剤_2
  • 石けん百貨 染み抜き剤_3
  • 石けん百貨 染み抜き剤
  • 石けん百貨 染み抜き剤_2
  • 石けん百貨 染み抜き剤_3

石けん百貨 染み抜き剤

560(税抜)

300g

定期価格:500円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:未定) 

お湯をかけると発泡性過炭酸ナトリウムが、瞬時にクリーミーな泡状になり、シミ汚れに留まってくれます。そのため、ピンポイントのシミに対して使い勝手がよく、スムーズに染み抜き作業ができます。酸素系漂白剤だけでは落ちなかったケチャップや果汁などのシミや時間が経過したシミにも効果を発揮し、漂白力の違いを実感できます。

生産者情報など: 石けん百貨(大阪府茨木市)
次回取扱予定: 未定
サイズ: 12.5×6.5×18.5cm、重量310g
  • ※水洗いできないものには使用しないでください。※布地の目立たない場所で確認してからお使いください。※繊維自体が変質して黄ばんだものは、完全に落とせない場合があります。
有機・無・減、ほか各種マークについて

石けん百貨 染み抜き剤 のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • ネットで調べたら、洗面台のボウルに広げた洗濯物に熱い湯とこれをかけて
    発泡させるとよいとあったのでやってみましたが、頑固な汚れが根こそぎすっきり
    というわけにはいきませんでした。
    繰り返し使用するのは生地も傷みそうですし、私も使いこなすのが難しい商品だと思いました。

  • どう使うのが使いやすいのか…模索中です。
    付け置きではあまり落ちを実感できず。よく見ると、推奨の使い方は、ピンポイントに粉を置いてそこへお湯スプレー→発泡しシミに定着させたら15分待って洗い流す。というものでしたが、それだけのことがなかなか難しい…まず、たとえばピンポイントに粉を置けない(シワがあると滑り落ちてしまう)。スプレーで粉が飛ぶ(近づけすぎ?)。思うように発泡しない。。
    おそらく、発泡すればシミへの定着もよくなり、シミが落ちるということなんだろうと思ってましたが、そもそも発泡のための条件がわかりづらくて四苦八苦…(スプレーの細かい水の粒子が必要なのか、満遍なく湿らせることなのか、お湯の温度なのか、粉の量なのか)
    結局、粉が散って空気中に舞うのが嫌なので、スプレーするのはやめて、シミの部分をお湯に浸からせて、その上に粉をかけてみました。多少発泡するのでそれで良しとして2回ほど使用してます。
    そこへきて第二の問題点は、パウチのままでは使いづらい。ピンポイントに粉を置けないし、ジッパーの目に粉が詰まって閉まらなくなる。手近にあったマヨネーズの空き容器に詰め替えて使うことにしました。
    使い方が一筋縄ではいかない製品だとは思いますが、酸素系漂白剤で落ちなかったヨゴレも…というキャッチコピーを信じてもう少し試行錯誤してみようと思います。(いまの時点では、ワイン汚れはうっすら灰色がかって残ってますし、ドロ汚れも完全には落ちきっていないのですが、使い方が悪いのかもしれないので…)

ページの先頭へ