昔ながらの玉締め圧搾法で搾りました

  • 今井のごま油165G
  • 今井のごま油165G_2
  • 今井のごま油165G_3
  • 今井のごま油165G
  • 今井のごま油165G_2
  • 今井のごま油165G_3

今井のごま油165G

516(税抜)

557(税込)

165g

定期会員価格:498円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

今井のごま油の少量サイズ。焙煎したごまを玉締め機で搾り、和紙でできた筒でろ過しています。

生産者情報など: 今井製油(千葉県千葉市)
次回取扱予定: 12月23日お届け週
原材料:

ごま【*】

賞味期限: お届け後90日保証
アレルゲン情報: ごま
有機・無・減、ほか各種マークについて

手間と時間をかけて作られた上品な味わいのごま油

  • 職人さん

    鍛え抜かれた舌でごまの味を確かめ、焙煎時間を調整する職人さん。

  • 玉締め低圧搾機

    60年以上も使い込まれた玉締め低圧搾機。

  • 冷ややっこにたらり

    冷ややっこにたらりとかけて召し上がれ。

創業105年の伝統製法を今に伝える

本品を製造する今井製油(千葉市中央区)は、1900年に創業。千葉県内に現存する工業関係の会社の中では、設立が最も古い企業といわれています。今井製油では決して近代的とはいえない機械を使い、昔ながらの製法と職人さんの技術で芳醇なごま油を作り続けています。

職人の舌が焙煎の時間を決める

ごま油を作る原理はシンプル。ごまをギュッとつぶして、油を搾り出すだけです。しかし大手のごま油メーカーでは、生産性を重視するため大量のごまを大きなドラム式の装置で焙煎し、高圧で搾る機械などを使って生産を行なっています。なかには石油系の溶剤などを使って油分を抽出するメーカーもあるとのこと。しかしこういった大量生産方式では、高い圧力と同時に発生する200℃以上の摩擦熱で、ごま本来の風味が失われてしまいます。今井製油では高い品質のごま油を製造するために、大量生産が難しいとされる伝統的な製法で製造を行なっています。ごま油にとって大切な風味や色の決め手となる焙煎は、一回の量を60〜70kgと決め、これを約45分焙煎します。また焙煎時間はその日に使うごまの品質で微妙に調整を行ないます。この加減は職人さんの長い経験によって培われたもの。まず最初に煎ったごまを食べて味を確かめ、焙煎時間を調整し、味の均一化を図っています。

玉締め低圧搾製法と長時間ろ過

玉締め低圧搾製法とは、少量ずつのごまを低い圧力でゆっくり時間をかけ、ごまの実の上質な部分のみを搾り出す製法。この製法で作られたのが、一番搾りと呼ばれるごま油です。圧搾機で搾られた油は、最後に搾り粕などの不純物を取り除くためろ過という工程に入ります。このろ過に使用されているのは、目の細かい和紙。1〜2日間ゆっくり放置してろ過を行なうことで、雑味がすっかり取り除かれた、見た目にもきれいな黄金色の澄んだごま油ができあがるのです。手間と時間をかけて作られているため、雑味がなくマイルドな仕上がり。しつこさを感じさせない上品な味わいです。

ここが違う!

  • 焙煎時間はその日に使うごまの品質で微妙に調整
  • 玉締め低圧搾製法と長時間ろ過で、雑味がなくマイルドな仕上がりに
  • ごまの味が強く、芳醇なため、始めから火にかけても風味はしっかり

今井のごま油165G のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

※商品の破損や品質不良などは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。返金、代品発送等の対応をさせていただきます。
レビューを書く
ログイン
  • ごまの香りが際立っていて、普通のごま油とはやはり違います。ナムルや和え物など、ごまの風味を生かしたい料理に使っています。高いので少し迷いましたが、買ってよかったです。

  • 食卓に置くのに丁度よいサイズですね。

  • 風味のあるごま油でした。