スパイスの達人になれます!

  • カレーパウダー
  • カレーパウダー_2
  • カレーパウダー
  • カレーパウダー_2

カレーパウダー

321(税抜)

347(税込)

35g

定期会員価格:310円(税込)

ご注文・ご予約

数量

その他

奄美大島のターメリック(うこん)など、いろいろな香辛料を、バランス良くブレンド。

生産者情報など: ヤスマ(東京都品川区)
次回取扱予定: 9月30日お届け週
原材料:

ターメリック、ちんぴ【中国・国産】、クミン【インド・イラン】、コリアンダー【モロッコ・カナダ】、とうがらし【中国】、フェンネル【中国・インド】、フェヌグリーク【インド】、ナツメグ【インドネシア】、シナモン【ベトナム・中国】、クローブ【タンザニア・マダガスカル】、こしょう【アジア諸国】、カルダモン【*】、キャラウェイ【オランダ・カナダ】、セロリシード【インド】、メース【インドネシア】

有機・無・減、ほか各種マークについて


大人の献立

炊飯器でできる夏味パエリア

炊飯器でできる夏味パエリア
【材料】(3~4人分)
「シーフードパエリアの素」 1パック
3合
白ワイン 50ml
玉ねぎ 1コ(みじん切り)
とうもろこし 1本(実を削ぎ切り)
ミニトマト 8コ(ヘタを取る)
カレーパウダー 大さじ1
オリーブオイル 適量
イタリアンパセリ、レモン 適量

【作り方】

  1. 炊飯器に研いだ米、白ワインと「シーフードパエリアの素」の汁を入れ、3合分の水加減に調整する。
  2. 「シーフードパエリアの素」の具、玉ねぎ、とうもろこし、ミニトマト、カレーパウダーを加え、オリーブオイルをかけて通常モードで炊く。
  3. 粗みじん切りにしたイタリアンパセリ、レモンを添えていただく。

※ カレーパウダーでスパイシーな夏味に仕立てるパエリア。とうもろこしも削ぎ切りにすれば、手間なく味わえます。

緑の野菜とサバのカレー

緑の野菜とサバのカレー
【材料】(2人分)
サバ水煮缶 1缶(160g)
ほうれんそう 100g
ニラ 50g
パクチー 30g
玉ねぎ 1/2コ
にんにく 1片
生姜 1片
カレーパウダー 大さじ1
なたね油 適量
ごはん 適量
適量
ルコラ 適量

【作り方】

  1. にんにく、生姜はみじん切り、玉ねぎはスライスしておく。
    ほうれんそう、ニラ、パクチーは沸騰したお湯に塩を加えて2~3分ゆでる。ざるにあげて粗熱がとれたらざく切りにしておく。
  2. 温めた鍋になたね油を入れ、にんにく、生姜、玉ねぎを炒める。
    カレーパウダーを加え、香りが出てきたら①のほうれんそう、ニラ、パクチーと水200mlを入れてやわらかくなるまで煮る。
    火を止め、粗熱がとれたらミキサーでなめらかになるまで撹拌する。
  3. ②を鍋に戻し、サバ水煮缶を汁ごと加えて弱火で温める。
    塩で味を調えたらでき上がり。器に盛付け、お好みのごはん、ルコラと一緒にいただく。
  4. ※ インド料理で人気のサグカレー。北インドでは青菜にフレッシュハーブを混ぜて香りを楽しむのだそうです。本場にならって、パクチーは香りのよい茎と根もよく洗って使いましょう。

遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

暮らし上手のヒント

スパイスカレー、はじめの一歩

本格スパイスカレー

さらさらスープ状の本格スパイスカレー。スパイスから作れば、辛さ、甘さのバランスも自由自在。カレーパウダー、玉ねぎ、にんにく、生姜、ブイヨンの基本材料の応用で、いろいろなバリエーションが作れます。

いつものルーに、じゃが玉人参。気付けば長い間、疑問なく作り続けてきたうちのカレー、わが家の味。
「え、またカレー?」なんて家族のささやきが耳に届いたら食べ慣れた一皿を改革してみませんか。本格的なスープカレーもなつかしのライスカレーも、スパイスから作ると意外と簡単な上に、自分好みの足し算・引き算ができて仕上がりもランクアップ。実はいいことずくめだと気付きます。
春の余韻もそこそこに、季節は初夏へ。風薫る季節にさわやかな味わいです。

「カレーパウダー」+普段の材料で簡単!

Recipe 1 昔なつかしのカレー

昔なつかしのカレー

定番をレベルアップ

【材料】(2人分)
玉ねぎ 大1コ
バター 大さじ2
A カレーパウダー(大さじ1)、
小麦粉(大さじ2)、
にんにく、生姜みじん切り(各1片)
500ml
ブイヨン 1パック
鶏もも肉 200g
じゃがいも 2コ
人参 1本
少々
小麦粉でとろみ付け

小麦粉でとろみ付け

【作り方】
スライスした玉ねぎをバター大さじ1で炒めて、きつね色になったら、残りのバターとAを入れて炒める。なじんだら水とブイヨンを少しずつ加え、具を入れて弱火で煮込み、塩で味を調える。

Recipe 2 本格スープカレー

本格スープカレー

実は難しくない

【材料】(2人分)
玉ねぎ 大1コ
バター 大さじ2
トマト 大1コ
A カレーパウダー(大さじ2)、
にんにく、生姜みじん切り(各2片)、
はちみつ(大さじ1)
500ml
ブイヨン 2パック
厚揚げ 1丁
なす 1コ
オクラ 3本
乾燥パセリ 少々
醤油・塩 少々
トマトでまろやかに

トマトでまろやかに

【作り方】
スライスした玉ねぎをバター大さじ1で炒めて、飴色になったら刻んだトマトを入れる。残りのバターとAを加えて炒めて、なじんだら水とブイヨンを加え、具を入れて弱火で煮込む。醤油・塩で味を調え乾燥パセリを振る。

ひとくちメモ

炒め玉ねぎ

炒め玉ねぎは恐れず、強火で炒めるのがこつ。左は浅く炒めた玉ねぎ、右は深く炒めたもの。浅いとやさしく、深いとこくが出ます。

「このカレーパウダーがあれば、生姜やにんにくなど家にある材料で、本格カレーが作れます。ブレンドのスパイスとは思えないほど、味わいが絡み合っておいしいですよ」(フードスタイリスト 遠田 佳代子さん)

カレーパウダー のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 以前ギャ◯ンのスパイスセットを使っていましたが、量が多くて使い切るのに時間がかかりました。こちらは量が程よいです。〝昔ながらのカレー〟のレシピに、夏野菜を追加して作ってみましたが優しい味に仕上がりました。個人的にはヨーグルトでお肉をつけておいてヨーグルトごと入れる、酸味、臭い消しにトマト缶なども入れたりします。無ければケチャップなど。そして仕上げに軽く追いカレーパウダーを振ると、風味よく仕上がります。

  • とても風味がよく最初から様々なスパイスがブレンドされているため重宝しています。通常のカレーを作る他、パウダー状のためドライカレーもすぐに作れるのもうれしいです。キーマカレーもとても風味豊かなお味になります。

  • 市販のルーや油脂がたっぷりのルーが苦手なので、このパウダーとだしのもとや無添加のケチャップやソース、めんつゆやお酢など色々ブレンドして、オリジナルカレーを作っております。
    とろみが足りない時は葛粉などちょっと加えます。

  • 香りがとてもいいですね。
    カレーライスや、カレー味の一品に重宝します。

  • これ、無くなったら困るくらい大好きで調味料として多用しています。

  • 辛いカレーが苦手な子供がいるわが家ではカレーを作るときは子供カレー。でも大人はちょっと物足りない。そういうときにこのカレーパウダーを子供カレーに入れて食べています。手軽に満足できるカレーになります。

  • いろいろな香辛料を買い揃えるのは、大変、と思う方にオススメです。香りのバランスがとても良くて、大満足です。

  • カレーの肉の下味や最後の仕上げに振りかけていますが、市販のルーを使ったカレーでも本格的な味になります。肉野菜炒めにも使っています。ポタージュスープの仕上げにもほんの少し入れたり、ドレッシングに加えてもいいですよ。