豚肉のうまみが詰まった定番ソーセージ

  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_2
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_3
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_4
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_2
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_3
  • 丹沢ハム工房 ポークソーセージ_4

丹沢ハム工房 ポークソーセージ

冷蔵

670(税抜)

180g

定期価格:598円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:6月10日お届け週) 

豚肉のうまみがしっかり味わえる直径5cmの太めサイズ。お好みの厚さにスライスしてどうぞ。

生産者情報など: 中津ミート(神奈川県愛川町)
次回取扱予定: 6月10日お届け週
原材料:

豚肉、食塩(海水)、砂糖(さとうきび)、白こしょう【マレーシア】、オニオン【アメリカ】、ナツメグ【インドネシア】、メースパウダー(メース【インドネシア】、ちんぴ【アジア諸国】)、とうがらし【中国】

賞味期限: お届け後3日保証
アレルゲン情報: 豚肉
有機・無・減、ほか各種マークについて

直径5cmの太めサイズで豚肉のうまみを堪能できます

  • 自社農場および契約農場では、飼料の内容から一頭一頭の健康状態まで、飼育履歴を詳細に管理しています。

◆豚肉のプロが作るソーセージ
 生産者は、豚肉の生産から加工まで一貫して手がける(※)中津ミート(神奈川県愛川町)。養豚業からスタートし、おいしいハム・ソーセージ作りへの想いが高じて、1979年からは自ら製造に乗り出したという、いわば「豚肉のプロ」です。

◆豚肉・塩・粗糖・香辛料で作るシンプルな味わい
 一般のハム・ソーセージの多くは、原料の豚肉に大豆たんぱくや卵たんぱく、でんぷんといったつなぎ、豚脂肪、水などで増量し、リン酸塩(Na)のような結着作用のある食品添加物で固めています。豚肉の風味やうまみは調味料(アミノ酸)や肉エキスで補い、さらに亜硝酸Naなどの発色剤を使って見た目をきれいなピンク色に調え、製品を仕上げていきます。一方、中津ミートの製品の原材料は豚肉に塩、粗糖、香辛料のみ。つなぎを入れて増量せず、食品添加物も使わず、昔ながらのシンプルな原材料だけで作ったハムやソーセージは、豚肉の芳醇なうまみがストレートに伝わってくると定評があります。

◆豚肉のうまみを堪能できるよう太めに仕上げました
 「ポークソーセージ」は直径5cmの太めサイズ。そのため、豚肉のそのもののうまみを存分に味わえます。お好みの薄さにスライスし、ソテーやパスタなどの具材として幅広く活躍します。肉のうまみを大切にする中津ミートの定番品です。

  • 自社農場と契約農場で育てた豚肉のみでまかなっています。

肉のうまみと燻製の香味


「高鮮度肉」を使用したドイツの伝統製法を実践する中津ミート

中津ミート代表・松下 憲司さん

私たちが作るハム・ソーセージで使う肉は、じつは2種類あります。1つは、2~4日間低温熟成させた「熟成肉」。そしてもう1つが、“温屠体”という名の、と畜して8時間以内の「高鮮度肉」です。この「高鮮度肉」を使用していることが、ドイツ伝統製法の証。おそらく日本では2、3社ほどしかないと思います。2種の肉のうまみが、味に深みを与え、食品添加物に頼ることなく、本物の味を生み出すことができます。ぜひ一度、かみしめて食べてみてください。



ピュアなおいしさを求めて中津ミートのハム・ソーセージ

1.健康に育てた豚を高鮮度のうちに加工します

自社農場で育てた新鮮な豚肉を使用。米やさつまいも、非遺伝子組み換えのとうもろこしや大豆などを配合した独自の飼料で、こくと甘みのある豚肉に。

2.シンプルな調味料で肉の味を生かします

味付けは塩・砂糖・香辛料のみ。化学調味料やたんぱく加水分解物は一切使 いません。国産桜チップのスモークにより、うまみや肉汁を逃さず、燻製の香味をプラス。

3.大豆たんぱく・発色剤・結着剤は使用しません

大豆たんぱくやでんぷんなどを使って生地を増やすことはしません。結着力の高い温屠体を使うため、結着剤は不要。原料本来の色を生かし、発色剤も不使用。

丹沢ハム工房 ポークソーセージ のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン
  • 朝食にフライパンで軽く焼いて粒マスタードとケチャプを付けて食べてます。またサンワベーカリーの食パンひシュレドチーズと玉ねぎスライスとポークソーセージを乗せてオーブントースターで焼くのも美味しいです。

  • 6歳息子の大好物で、父母ももっと食べたいのですが、輪切りにして焼いただけだと、ほとんど彼が食べちゃいます。なので、かさを増すためにスナップえんどうやブロッコリーなどの野菜とソテーしたり。絶妙な味つけだと思います。

  • 子どもたちにどうだ!と見せつけてから、輪切りにしてフライパンで炙るだけでご馳走です。これぞソーセージ!パンに挟むのもおいしい。ペペロンチーノのスパゲティに添えたりもしています。

  • 切って焼いて、目玉焼きに添えたりして朝食に。味が強過ぎず、肉の旨みも味わえて、中津ミートさんのソーセージは家族のお気に入りです。

  • 適当な大きさに切って、フライパンで焼いてそのままいただいています。つなぎ、豚脂肪を使用していないからでしょうか。味は肉々しくなくさっぱりとしていて、でも豚肉の味を感じます。魚肉ソーセージかと思うような、旨味があると思います。