貯蔵してじっくりでん粉を糖化。味わい深く、甘みがあります

  • 北海道の有機じゃがいも 800G
  • 北海道の有機じゃがいも 800G

北海道の有機じゃがいも 800G

冷蔵

423(税抜)

800g

定期価格:378円(税抜)

ご注文・ご予約

数量

その他

丹精込めて今年も有機ジャガイモを作りました。ポトフ・サラダ・コロッケ・そのまま蒸かしイモでもおいしいですよ。

生産者情報など: 有機/早坂 清彦、他/北海道
次回取扱予定: 4月1日お届け週
原材料:

じゃがいも

  • ※小さいもの、皮荒れ、一部傷のあるものをお届けする場合があります。また、いろいろな品種をお届けします。
有機・無・減、ほか各種マークについて

長ねぎとじゃがいものスープ

長ねぎとじゃがいものスープ
【材料(2人分)】
長ねぎ 2本
牛肉薄切り 1コ
オリーブオイル 適量
バター 大さじ1
にんにく 1/2片
洋風ブイヨン 1パック
ローレル 1枚
パセリ 1本
ひとつまみ
粉チーズ 適量

【作り方】

  1. じゃがいもは皮をむいて半分に切り、1cm幅に切って水につけておく。
  2. 鍋にオリーブオイルとバター、にんにくを入れ、香りが立ったら、斜め薄切りに切った長ねぎを混ぜながら炒める。
  3. しんなりしてきたら、水500ml、洋風ブイヨン、ローレル、パセリの茎を入れてふたをして10分煮込み、じゃがいもを加えて、火が通ったら塩を加え、火を止める。
  4. ローレル、パセリの茎を取り出し、粉チーズとパセリの葉のみじん切りを仕上げに振る。

※長ねぎは甘みを残すためにじっくりとほんのり色づく程度まで炒めるのがこつです。

遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。ツチオーネのフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

産地だより

じゃがいもは旬が2度あると言われています。収穫したばかりの「新じゃが」はもちろん美味しいですが、今の時期は、秋に収穫したじゃがいもを貯蔵でじっくりうまみを蓄えた北海道産がおすすめ。でん粉が糖化することで、味わい深く、甘いじゃがいもになります。

そして、調理するときにもちょっとした違いがあります。いわゆるとれたての「新じゃが」は、フライドポテトなどを揚げるときにもでん粉が糖化していないため、焦げにくく、じゃがいも本来の味を楽しむことができます。一方で「越冬じゃがいも」は、でん粉が糖化しているため、甘い反面、調理する際は、焦げないように注意する必要があります。(農産担当:井口 拓)

主なじゃがいもの品種比較

品種 肉質 おすすめ料理
男爵 やや粉質 粉ふきいも、コロッケ、マッシュポテト
とうや やや粘質 煮物(カレー・シチュー)
キタアカリ ほくほくとした粉質 粉ふきいも、スープ、ポテトサラダ
メークイン 粘質 煮物(煮崩れが少ない)

じゃがいもの保存方法

<常温>

りんごと一緒に丸ごと保存

新聞紙や紙袋にりんごと一緒に入れ、冷暗所で保存。エチレンガスで発芽を防ぎます。

<冷蔵保存>

新聞紙&ポリ袋で

新聞紙で包んでから、ポリ袋に入れて軽く口を締め、野菜室で保存すると、冷やしすぎを防げます。

北海道の有機じゃがいも 800G のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン